トヨタが「世界販売首位」の座から陥落

なぜ2016年は独VWがトップに立ったのか

 1月30日、トヨタ自動車は2016年のグループ全体(日野自動車<7205.T>とダイハツ工業を含む)の世界販売台数が前年比0.2%増の1017万5000台だったと発表、4年連続で維持していた首位から陥落した。写真のロゴはデトロイト北米国際モーターショーで10日撮影(2017年 ロイター/Mark Blinch)

[東京 30日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は30日、2016年のグループ全体(日野自動車<7205.T>とダイハツ工業を含む)の世界販売台数が前年比0.2%増の<7203.T>1017万5000台だったと発表した。独フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>の1030万台を下回り、4年連続で維持していた首位から陥落した。

VWは排ガス不正問題への対応を迫られていたが、中国での販売拡大などが寄与した。

人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。