トヨタが「世界販売首位」の座から陥落

なぜ2016年は独VWがトップに立ったのか

 1月30日、トヨタ自動車は2016年のグループ全体(日野自動車<7205.T>とダイハツ工業を含む)の世界販売台数が前年比0.2%増の1017万5000台だったと発表、4年連続で維持していた首位から陥落した。写真のロゴはデトロイト北米国際モーターショーで10日撮影(2017年 ロイター/Mark Blinch)

[東京 30日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は30日、2016年のグループ全体(日野自動車<7205.T>とダイハツ工業を含む)の世界販売台数が前年比0.2%増の<7203.T>1017万5000台だったと発表した。独フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>の1030万台を下回り、4年連続で維持していた首位から陥落した。

VWは排ガス不正問題への対応を迫られていたが、中国での販売拡大などが寄与した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT