BMW「M2クーペ」4人乗りスポーツカーの実力

サーキットから街乗りまで1台でこなせる

強烈なエンジンの存在感

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

自動運転化への道をひた走るようなクルマの世界で、いま買っておくべきモデルは? 推したいのは4人乗りスポーツカーともいうべきBMWのM2 クーペである。

エンジンメーカーであることを自他ともに認めるBMW。それだけに、乗るとエンジンの存在感が強烈だ。アクセルペダルを踏み込んだときのフィールこそが、BMWがつくる製品の命。ファンならみなそう感じているのではないだろうか。加速性や回転のよさなど僕たちが無意識に“いいクルマだなあ!”と思うツボをしっかりおさえているのだ。

BMWならではの製品がM2 クーペだ。クルマに詳しい読者はご存知のように、BMW M社が2シリーズをベースに開発したスポーツクーペというのが車名の読み方になる。

BMW M社はモータースポーツ専用車両の開発を中心に、スペシャルモデルを手がける部門で、モーターとかモータースポーツとかBMWが本社をおくミュンヘンとかの頭文字を連想させる命名だ。

M2 クーペは、全長4475mmという比較的コンパクトな2ドアボディに、272kW(370ps)ものパワーを持った2979ccの直列6気筒エンジンを搭載した後輪駆動モデル。同じエンジンを搭載したやはりスポーティなモデルにM240iクーペがあるけれど、M2クーペはエンジンやサスペンションなど専用パーツで武装され“サーキットで走るために”という前提がつねにつく。

次ページこのモデルをサーキットと意味づける証明は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。