BMW「M2クーペ」4人乗りスポーツカーの実力

サーキットから街乗りまで1台でこなせる

強烈なエンジンの存在感

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

自動運転化への道をひた走るようなクルマの世界で、いま買っておくべきモデルは? 推したいのは4人乗りスポーツカーともいうべきBMWのM2 クーペである。

エンジンメーカーであることを自他ともに認めるBMW。それだけに、乗るとエンジンの存在感が強烈だ。アクセルペダルを踏み込んだときのフィールこそが、BMWがつくる製品の命。ファンならみなそう感じているのではないだろうか。加速性や回転のよさなど僕たちが無意識に“いいクルマだなあ!”と思うツボをしっかりおさえているのだ。

BMWならではの製品がM2 クーペだ。クルマに詳しい読者はご存知のように、BMW M社が2シリーズをベースに開発したスポーツクーペというのが車名の読み方になる。

BMW M社はモータースポーツ専用車両の開発を中心に、スペシャルモデルを手がける部門で、モーターとかモータースポーツとかBMWが本社をおくミュンヘンとかの頭文字を連想させる命名だ。

M2 クーペは、全長4475mmという比較的コンパクトな2ドアボディに、272kW(370ps)ものパワーを持った2979ccの直列6気筒エンジンを搭載した後輪駆動モデル。同じエンジンを搭載したやはりスポーティなモデルにM240iクーペがあるけれど、M2クーペはエンジンやサスペンションなど専用パーツで武装され“サーキットで走るために”という前提がつねにつく。

次ページこのモデルをサーキットと意味づける証明は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。