マダム・タッソー館、「トランプろう人形」公開

トランプ大統領の任期中展示

 1月18日、ロンドンのマダム・タッソーろう人形館は、厳重な警備のなかドナルド・トランプ次期米大統領のろう人形を公開した(2017年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 18日 ロイター] - ロンドンのマダム・タッソーろう人形館は18日、厳重な警備のなかドナルド・トランプ次期米大統領のろう人形を公開した。17日にマドリードのろう人形館でトランプ人形が公開された際、トップレス活動家の女性が人形に対して抗議行動を取る事態が起きたことから、公開は厳戒態勢で行われた。

トランプ人形は、博物館内の「(ホワイトハウス)大統領執務室コーナー」に、メルケル・ドイツ首相、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世、インド独立の父マハトマ・ガンジーらと並んで展示されている。

博物館のゼネラル・マネジャー、エドワード・フラー氏は「(トランプ氏の)日焼け顔と特徴的なヘアスタイルを就任に間に合うよう再現するのに大忙しだった。人形はトランプ大統領の任期中展示される」と述べた。

18日の公開で抗議行動はなかったが、環境および反人種差別活動家らのグループは、トランプ氏が大統領に就任する20日に英国での抗議デモを計画している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。