マダム・タッソー館、「トランプろう人形」公開

トランプ大統領の任期中展示

 1月18日、ロンドンのマダム・タッソーろう人形館は、厳重な警備のなかドナルド・トランプ次期米大統領のろう人形を公開した(2017年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 18日 ロイター] - ロンドンのマダム・タッソーろう人形館は18日、厳重な警備のなかドナルド・トランプ次期米大統領のろう人形を公開した。17日にマドリードのろう人形館でトランプ人形が公開された際、トップレス活動家の女性が人形に対して抗議行動を取る事態が起きたことから、公開は厳戒態勢で行われた。

トランプ人形は、博物館内の「(ホワイトハウス)大統領執務室コーナー」に、メルケル・ドイツ首相、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世、インド独立の父マハトマ・ガンジーらと並んで展示されている。

博物館のゼネラル・マネジャー、エドワード・フラー氏は「(トランプ氏の)日焼け顔と特徴的なヘアスタイルを就任に間に合うよう再現するのに大忙しだった。人形はトランプ大統領の任期中展示される」と述べた。

18日の公開で抗議行動はなかったが、環境および反人種差別活動家らのグループは、トランプ氏が大統領に就任する20日に英国での抗議デモを計画している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT