日本にしかない「パクチー料理専門店」の魅力

究極の一品を求めて世界中から来店

喋るコミュニケーションもあれば、喋らないコミュニケーションもある、と佐谷さんは言います。「僕は仲良しになることを推奨したいわけではないんです。普通の声で『追パク』をする人にもパクチーをお出ししますよ。それに、静かに食事をしていたお客さんが『すごく楽しかった』と言って帰っていくこともあります。ただ、『喋りたいと思ったら喋れる環境』を作りたいと思っています」

ときには佐谷さんの想像を超えることも起きます。「追パクお願いします」にメロディを付けて歌いだす人や、隣のテーブルの人と一緒に踊りながら「追パク」をする人も。

「そういうことをやる人に限って、『自分がそんなことをするとは思わなかった』と言ってます。うちでご飯を食べて、隣のテーブルの人と意気投合して会社を作った人もいるんです。ぼくたちが提供してるのは食事ですが、それだけが目的じゃない。ここがきっかけで、ちょっと人生が変わるような、新しい気付きを得るような、そういう体験を提供できたらと思っているんです」

パクチー料理専門店には、佐谷さんのそんな熱い想いが隠されていたのでした。日本に限らず、世界中の人がこの店に集まるわけは、その許容力の広さに安心できるからなのかもしれません。コミュケーションしたいと思ったらできる空間作りのために、パクチーハウス東京では「追パク」以外にも様々なイベントが開催されています。

外国人の方へのメッセージ

最後に、パクチーハウス東京に興味を持たれた外国人の方にメッセージをお願いしました。

「東京では、浅草が一番有名な観光地かもしれないけど、ほかにも面白いところがいっぱいあります。ここ経堂にも魅力がたくさん詰まっています。せっかく日本に来たなら、ぜひ浅草から走ってうちまで来てみてください。きっと面白い発見がありますよ!」

浅草からパクチーハウスまでは20km弱。本当に走るのは大変かもしれませんが、途中下車しながら街歩きをしたら、自分だけの東京の楽しみ方が発見できそうです。もちろん、一日の締めくくりのディナーには美味しいパクチー料理を食べながら。

DiGJAPAN!関連記事
日本はホントにクールなの?ミサコ・ロックスが語る日本らしさとは
観光で人口のV字回復できるのか?横須賀市長の挑戦
商店街に泊まる!? 名古屋のインバウンド最前線
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。