日本にしかない「パクチー料理専門店」の魅力

究極の一品を求めて世界中から来店

もう1つの定番メニュー「ヤンパク」。お皿にしきつめたパクチーの上に炒めたラム肉がのっています。このパクチーの量がまた大量。ラム肉が主役なのか、パクチーが主役なのか分からなくなるほどです。ラム肉といえば独特な風味がありますが、こちらのラム肉は臭みが全くありませんでした。さらに、パクチーと一緒に食べるこで、口の中がさっぱりするので、次々と食べられます。お好みで、添えてあるレモンを加えるとより爽やかさが増します。

もっとパクチーが食べたくなったら「追パク」

次は、おつまみにぴったりという「トムヤム砂肝」。スライスされた砂肝にタイの人気料理トムヤム・クンのようなすっぱ辛い味付けがついています。少し濃い目の味付けなのでお酒が進みそうです。砂肝の下にはやはりたっぷりのパクチーが。もし、それでもパクチーが食べたい、もっとパクチーまみれを楽しみたい、と思ったら、「追パク」(ついぱく=追加のパクチー)を頼むことができます。

「追パク」のパクチー。お皿からあふれそうなほど!大きな声で頼んでみましょう

「追パク」とは無料でパクチー単体を追加できるサービスで、それだけでもパクチー好きには嬉しいのですが、さらにユニークなことに、「追パク」は注文したときの声の大きさに応じてサーブされる量が変わるのです。大きな声でお願いすれば大量のパクチーがもらえるかもしれません。もっとパクチーが食べたくなったら、思い切って店員さんに「追パクお願いします!」と頼んでみましょう。

「パク塩アイス」。パクチーの花から取れたはちみつは華やかな甘さ

パクチーハウス東京のデザートには、もちろんパクチーが使われています。その名も「パク塩のアイス」。「パク天」にも使われていた「パク塩」と、パクチーが練りこまれた濃厚なアイスクリームに、パクチーの花から取れたはちみつとパクチーの種をトッピングした、まさにパクチーだらけのデザートです。味が想像しにくいデザートですが、ひとくち食べてみると、甘じょっぱくて濃厚なミルクの風味とパクチーの香りが口の中にひろがります。

パクチー尽くしのメニューは、「パク天」や「ヤンパク」のように定番なものもありますが、季節や新しいアイデアによって新しいものが登場します。オススメをお店の人に聞いてみましょう。また、パクチーハウス東京では世界中のビールも楽しむことができます。もちろん、材料にパクチーが使われたビールもそろっています。

次ページパクチー料理は日本のオリジナルだった!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT