日本にしかない「パクチー料理専門店」の魅力

究極の一品を求めて世界中から来店

「パクチーハウス東京」代表の佐谷 恭さん

パクチーハウス東京の代表、佐谷恭さんは、同店のパクチー料理は世界のどこにもない、オリジナル料理だと言います。「パクチーはもともと世界中で使われていますが、ここまで大量のパクチーを使っている料理はほかにはないと思います」。

佐谷さんがパクチーハウス東京を始めた2007年当時、パクチーを食べられるレストランはとても少なく、国内でパクチーを栽培している農家もほとんどありませんでした。ようやくみつけた一軒の農家さんと取引を始め、店をオープンすることができたそうです。

「ないなら、自分たちで作ろうと思いました。そして、色々な試作をしているなかで『パクチーをたくさん入れると美味しい』ということに気が付いたんです。それまでパクチーが思うように手に入らなかった反動で今のパクチーハウスのメニューが生まれたんです」

今やパクチーは日本のほぼすべての都道府県で栽培され、パクチー料理を扱うレストランも増えました。そして2016年の「今年の一皿」にパクチー料理が選ばれるまでになったのです。

「パクチー料理というと、タイとかベトナムとか東南アジアの料理だと思う人が多いですが、そうじゃないんです。もちろん、ベースに各国料理があるメニューもたくさんあります。ただ、それをうちなりに、パクチーにとことんこだわって再解釈して再構築しています。ぼくはパクチー料理っていうのは日本の新しい食のジャンルだと思っています」

世界でここだけでしか食べられないパクチー料理の魅力は、日本だけではなく世界に広まっています。パクチーハウス東京には、日本国内はもちろん、中国や東南アジア、アメリカやヨーロッパなど世界のさまざまな国からお客さんがやってきます。特に、SNSなどでそのインパクト抜群の料理写真が話題になり、お客さんがやってくることも多いそうです。

パクチーで人生が変わる?

佐谷さんがパクチーハウス東京をスタートした理由はパクチーだけではありませんでした。

「もちろん、パクチーが好きというのもあります。でもそれだけじゃなくて、僕はコミュニケーションができる場所を作りたかったんです」

たとえば、大声で注文すれば無料でパクチーがもらえる「追パク」。「誰かが『追パク』すると、ほかのグループの人も『真似してみようかな』とか、『もっと大きな声で頼んでみようかな』と刺激を受けたりします。それって、お互いが喋っていないけど、実はコミュニケーションなんですよね」

次ページ「追パク」によってコミュニケーションが生まれる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT