日本にしかない「パクチー料理専門店」の魅力

究極の一品を求めて世界中から来店

「パクチーハウス東京」には世界中から人が集まってくる

2016年の「今年の一皿」にも選ばれた「パクチー料理」。パクチーは世界中で使われているハーブで「コリアンダー」とも呼ばれています。独特の強い香りは好みが分かれる人も多いですが、最近日本で人気が急上昇中。今回は、東京にあるパクチー専門店「パクチーハウス東京」を訪問しました。日本だけでなく世界中から人が集まっているというパクチーハウス東京。人気の秘密は何なのでしょうか?

世界でここだけ!のパクチー料理

この記事はDiGJAPAN!(運営:昭文社)の提供記事です

新宿駅から最短で12分ほどにある経堂駅を降りてすぐに活気溢れる農大通り商店街が見つかります。パクチーハウス東京があるのは、この商店街のなかほどにあるビルの2階です。

エレベーター降りると、目の前には鮮やかな緑のパクチーと「No Paxi,No Life」の文字がプリントされた横断幕が。入る前からどんなパクチー料理に出会えるのかワクワクします。

さっそくパクチー料理をいただきます。まずは一番の人気メニュー「パク天」と「ヤンパク」から。

美味しさも見た目のインパクトも大のパクチー天ぷら「パク天」

「パク天」とは、パクチーの天ぷら。大量のパクチーが直径15センチほどの円錐形にぎゅっと寄せられたかき揚げのような見た目に、「これが全部パクチーなの!?」とビックリしてしまいます。お箸で天ぷらをくずして、まずはそのままひとくち。さくっと揚がったパクチーの食感と、油といっしょになったことで和らいだ独特の苦味が爽やかです。添えてあるのはフランス産のパクチーと東京都青ヶ島の塩を合わせた「パク塩」。パク塩をかけるとパクチーの香りが一段と増しつつ、甘みも際立ちます。数人でシェアしながら食べると会話も弾みそうです。

次ページパクチーだらけのデザート
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT