ついに公式戦復帰のウッズ、輝きは戻るのか

復帰大会選びに見る「勝利」へのこだわり

米ツアーに復帰するタイガー・ウッズは、どのようなプレーを見せるのか。(写真:UPI/amanaimages)

いよいよ今週、タイガー・ウッズが復帰する。

そう言ってしまうと、「えっ? 松山英樹が優勝した昨年12月のヒーロー・ワールド・チャレンジで、ウッズはすでに戦線復帰したのでは?」と首を傾げる方もいるかもしれない。

確かに、ウッズはバハマで開催されたヒーロー・ワールド・チャレンジで試合への復帰をすでに果たした。だが、米ツアーの公式大会となると2015年8月のウインダム選手権以後、一度も出場していない。

そして今週、1月26日からカリフォルニア州サンディエゴのトーリーパインズで開催されるファーマーズ・インシュアランス・オープンで、ほぼ1年5カ月ぶりに米ツアーの舞台に立つ予定だ。

百戦錬磨のウッズが取る、したたかな戦略

ウッズが最後に米ツアー大会を制したのは、2013年のブリヂストン招待。ウッズが最後にメジャー大会を制したのは、2008年の全米オープンで、その会場がトーリーパインズだったのだが、同じ場所で今回の米ツアー復帰戦を迎えようとしていることは、もちろん偶然ではない。

そこはもちろん、百戦錬磨のウッズとそのチームが考えた戦略の1つだ。トーリーパインズはウッズの大得意コース。2008年の全米オープンのみならず、同コースで開催されてきたファーマーズ・インシュアランス・オープンでは過去7勝を挙げており、ウッズは同コースのことなら隅から隅まで知り尽くしている。

かつての王者といえども、世界中から寄せられる期待と注目の中で久しぶりの復帰戦に挑むのは精神的な負担が大きいはずだが、だからこそ、最も熟知し、最も得意としているコースで開かれる大会を復帰戦に選んだと考えられる。

ウッズの契約先であるナイキがゴルフ用具市場からの撤退を発表したのは昨夏のこと。以後、ウッズが復帰のあかつきに果たしてどこのメーカーのクラブとボールを使うのかは、ゴルフ界全体の関心事となってきた。

昨年暮れのヒーロー・ワールド・チャレンジの際は、契約のない状態のまま、ボールはブリヂストンの「B330ーS」を使用。ウッドはテーラメード、アイアンは従来のナイキを暫定的に使用した。

昔も今も、ギア選びにおいてボールを最優先するウッズの姿勢は変わってはいない。1996年のプロ転向から20年超のキャリアにおいて、ウッズがこれまで使用したボールはタイトリスト(1996~2000年)、ナイキ(2000~2016年)のわずか2社しかなかった。

次ページ世界ランキングは大きく後退しているが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT