あの木村新司氏が「割り勘事業」を始める理由

「paymo」はマネー最適化の起爆剤になるか

──paymoは支払いの際に、LINEのようにスタンプを使ってコミュニケーションができることも特徴の1つのようですが。

ウォレットのような単なる「ツール」だと、ユーザーにとってとっつきにくい。「割り勘」をしている場面を想像してみると、ご飯を食べたあと、喋りながら友達の間でおカネを渡していますよね。そうした「コミュニケーションの中でおカネが渡っている状況」を、アプリの中で再現しないといけない。なぜなら、ユーザーはこれまでしたことのない「新しい行動」をすることはないから。現実を再現しないといけないというのは、どんなウェブサービスでも同じだと考えています。

ちょっと気まずい支払いの場面も、コミュニケーション機能で円滑になる(AnyPay社提供)

──収益化はどのように考えているでしょうか。割り勘をするだけで手数料が発生すると、ユーザーにも抵抗感がありそうですが。

海外での類似サービスも、ユーザーからは手数料を取っていないことが多いですし、手数料を収益化のメインにする考えはありません。マッチングコストとして10%程度の手数料を取れる、フリマアプリのようにはいかない。

マネタイズの選択肢は広い

しかし、オフライン、オンラインともに、事業者向けに決済手数料を取るビジネスはあると思っています。他にも、たとえば中国企業のアリババが運営する「支付宝(アリペイ)」は、資産運用会社を持っていて、ユーザーから預かった資産でMMF(Money Management Fund)を買ったりしている。ユーザーが集まれば、マネタイズについては色々なやり方があります。ただ、サービスそれ自体で儲けるというより、あくまでバイラルしやすい仕組みを生かして、ユーザー獲得の手段にするということが大きい。みんなが使うようになってくれて、世の中を便利にすることを使命と考えています。

──そもそもの話になりますが、「決済」ビジネスにご自身で参入しようと考えたことには、どのような背景があったのでしょうか。

いくつかの状況の変化がありました。まず1つ目は、クレジットカード決済用の端末の名前をユーザーが認識するようになったこと。以前は、クレジットカード会社であるVISAやアメックスの名前は知られていましたが、決済端末がどこの会社のものかは、誰も関心がなかった。だから、カードビジネスは営業マンが一生懸命店舗に営業に回って、導入を勧めていたのですが、取引額が小さい店舗ではコストが見合わなくて広がりませんでした。

それが、スクエア、楽天ペイ、コイニーといったように、カード決済端末を提供する会社の名前をユーザーが覚えるということが起きるようになりました。そうすると、100人カードを切った人がいたら1人くらいは店舗を運営する人がいて、その人が「これ、スクエアって言うんだ。便利だな」と認識します。

次ページ日本中に決済端末が普及した
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT