「トランプ王朝」は北朝鮮の金体制と似ている

米国初の家族独裁を支えるのは絶対的な忠誠

北朝鮮の最高指導者である金正恩氏。どことなくトランプ氏に似ている? 写真は朝鮮中央通信提供(ロイター/KCNA)

米国で新たな大統領が就任するたびに、新大統領と個人的なつながりを持つ一団が政権の要職に就く例が生じる。たとえばケネディ元大統領が自らのルーツであるアイルランド系の人々を重用したケースがそれに当たる。

だが、自身の家族にまでその例を当てはめたのは、ドナルド・トランプ氏が初めてだ。

「トランプ王朝」の面々

トランプ氏の子供は内外の経験に乏しいにもかかわらず、政権の意思決定に大きな役割を果たそうとしている。すでに娘のイヴァンカ氏は、トランプ氏と日本の安倍晋三首相との非公式会談に同席。息子のドナルド・ジュニア氏は、新政権の内務長官にライアン・ジンク氏を指名するうえで、主要な役割を果たした。

トランプ氏はいまや、自身の王朝をホワイトハウスに鎮座させている。イヴァンカ氏の夫で不動産投資家のジャレッド・クシュナー氏は、中東和平のプロセスに、特使としてひと役買うことになりそうだ。

ドナルド・ジュニア氏とその弟はトランプ氏の事業を統括する不動産会社「トランプ・オーガナイゼーション」を切り盛りするため、ニューヨークに残るだろう。

だが、同氏は現在でも子供たちとともに、トランプ・オーガナイゼーションの役員を務める。こうした状況を考えると、子供たちが政権に影響力を及ぼすことは疑いようがない。

トランプ氏の事業は、血の繋がりや忠誠心によって支えられてきた。トランプ・オーガナイゼーション幹部の平均勤続年数は17年と、他の同じ規模の米国企業よりも非常に長い。30年をトランプ氏に捧げてきた者もいる。

ボストン・コンサルティング・グループの2016年の調査によれば、年商10億ドル超の米国企業の3分の1は同族保有であり、うち4割が同族経営だという。

次ページ北朝鮮との3つの類似点とは
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT