デキる人は「一流MC」の資質が備わっている

「ネオ木本武宏」はMCに向いているか否か

木本:もう1つの、「食事は一人でしない」のはなぜでしょう。確かに、ご飯の時はいちばんしゃべりますものね。

三枝:たいていの人は、ご飯の時しか無駄話をしないと思いませんか。無駄話して、お互いにネタ当てをしていくのがいいんです。「次はこれが流行るよ」とか、「これ知ってる?」という掛け合いの中で、次の番組のネタが生まれたりします。僕がものを考えるのは風呂場です。そこで考えまとめて、ご飯どきに人に当てるということをしています。それによって、可能性があるネタかどうかを判断できるのです。

木本:考えを一人ご飯の時にまとめる、「孤独のグルメ派の人」も多いと思うんですが。それはいろんな形があってもいいんでしょうかね。

三枝:忙しいと、なかなかどこかにご飯を食べに行きませんか、というのも難しいときがあります。それでも、近くにいる人間を捕まえて昼飯に行って、「最近どうなのかな」でもいいんです。実は、会話しているようでしていなくて、僕が一方的に答えを求めるだけかもしれないですね。受け答えしてくれるAIが開発されたら、いちばんに買うかもしれません。

木本:それじゃ、一人が寂しいおっちゃんじゃないですか(笑)

自分の得意ジャンルを再定義しよう

木本:さて、最後の質問です。僕は何としてもMCなりたいですが、三枝さんから見て僕は向いているんでしょうか?

三枝:向いてます。清潔感、ふだん裏回ししているのを見ていますから。今は45歳ですか。年齢もちょうどいいですね。「40~50代前半のMCが欲しいけど、なかなかいないよね」、なんて会話を最近もある制作会社の社長としたばかり。

木本:それどこの制作会社ですか? すぐ連れてってください!

三枝:麻布十番の(苦笑)。

木本:『一流のMC力』の中に、ネクストブレイクMCのチャートがありましたよね。おぎやはぎとか、アンジャッシュとか。ギャップ力、すき間力、間抜け力、現場対応力、聴く力、女性共感力の6つで評価されていましたが、僕の場合どうなんでしょう。

三枝:僕の印象ですと、すき間力がありますね。間抜け力、現場対応力、聴く力もあると思います。女性共感力もある。あとは得意技と不得意なものとかのギャップ力をどうするか?

ギャップ力をどうやって設定するか。どこと何にするか。たけしさんが極め付きの存在でしょうが、芸人であり、一流の映画監督でもあるギャップですね。以前いろいろな番組でご一緒した、三宅裕司さんも司会者と舞台の座長という、近いようで違いがあるキャラがあります。まずは、俺はこれなんだよというのがあると、使う側も起用しやすいですね。

木本:コンビとしてコントやるのは当然として、ひな壇、ロケ以外にもう1個何があるか見つけないといけない。料理上手ならどこにもいますもんね。

三枝:スーパーに料理が上手いという手はありますよ。すごいケーキが焼けるとか、カリグラフィができて、文字が綺麗だとか。女性共感力も一緒に取れるスキルはいいかもしれません。

木本:美容に詳しいとかですね。

次ページ女性的でマニアックなジャンルを攻めろ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。