ポルシェ「新型パナメーラ」は何が進化したか

行儀と刺激が共存する4ドアサルーンの実力

ポルシェの5ドアサルーン、パナメーラがリニューアルした。このジャンルでは、チャレンジャーだったポルシェ。だが、2代目のパナメーラの評価は上々のようで。

ポルシェでアウトバーン!

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

何度も訪れているドイツだが、彼の地でポルシェを走らせるのは今回が初めて。ミュンヘン到着後、いきなり空港駐車場から近くの山まで、アウトバーンを経てボクスターSとケイマンの718シリーズを駆けつけドライビンッ! ポルシェでアウトバーンという子供の頃からの夢が44歳になって実現した。『GQ JAPAN』よ、ありがとう、ポルシェよ、ありがとう。

しかし今回の取材対象は新型パナメーラだ。2009年にポルシェ初の5ドアサルーンとして登場したパナメーラ。新型はVWグループが新たに開発した、エンジン縦置き車用プラットフォーム「MSB」採用の第1号だ。今後、グループ内の各ブランドがMSBを用いてFR/4WDサルーンを生み出す予定。

ファストバック特集に敬意を表し、まずはリアスタイルの印象から。先代同様、リアにボリュームのあるファストバックで登場した新型。しばしば世間で聞かれる感想に僕も同意だ。すなわち911っぽい。リアコンビランプの形状といい、横から見たときのバンパーのカーブの具合といい、よく似ている。

旧型よりディテール各部がエッジーで、水平が強調されたリアデザインだ。真後ろから見ても真横から見ても、旧型にあった膨張感はなく、シャープ。それでいてリアシートの頭上空間も十分確保されている。

率直に言って旧型よりカッコよく、初代よりもヒットするだろう、と思う。ただし、ポルシェは911を、なにかのときに、帰ってくる場所にしてしまってよいのか、とも思った。初代に引き続き、あえて911に寄せないというデザイン的な冒険も見てみたかった。

次ページまっすぐ走っても楽しい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT