断トツにデキる人はどんな目標を立てるのか

森川亮氏が進化し続けるワケ

──「仕事は楽しい」というのは間違っているともあります。

高い次元の目標の仕事ほどつらいことは多い。エベレストに登るのが楽しいという人はあまりいない。その分、高い成果が出る。高尾山を目標だと思う人では大きな仕事はできない。それをよしとすると、会社としても大きな成果はでない。楽しいのはそんなに仕事をしていないからだ。

断トツへの道は楽しいものではない。成長のためつねに自分を否定しなければならないし、厳密にいったら、幸せだと感じた瞬間に進化は止まるのだ。満足は自分を肯定することにつながる。断トツになろうとすればつねに幸せでない。それでも、その道に進めるかどうか。

会社もそう。ハッピーだなと思った瞬間に進化は止まってしまう。いつも中間地点だと思うことが重要だ。それはつらいことでもある。いくらやってもゴールにたどり着かないのだから。

──ご自身が実践されている?

そう。

──成長し続けるための心得としては。

高い目標を立てるのはもちろんだが、仕事を高速でこなし、余計なものを徹底的に捨てることが大事だ。地頭(じあたま)を改善するためには、多層的な視点でとらえ、異質なモノを切り分けるとともに、意味合いを突き詰める力をつける必要がある。

──同時に新しい価値を生み出すためには「当たり前を疑う」習慣が必要なのですね。

人間の視野は狭い。逆にいえば、フィルターがプログラミングされている。普段仕事をしているとそれが当たり前であり、いろんな材料が見えていない。本当に新しいことをしようとするなら、すべてが見える状況にしなければならないので、いったんフィルターを壊さないといけない。年を取れば取るほどそのフィルターを壊しにくくなるが、壊さないかぎり進化はない。

振れ幅を広げることで新しい発想が生まれる

『ダントツにすごい人になる――日本が生き残るための人材論』(祥伝社/141ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

──「振れ幅を広げる」ことも壊す1つの要素なのですね。

普段食べる好みのご飯に比べ極端に甘いもの、辛いものを食べると幅が増す。仕事もそうで、極端に甘い仕事と極端につらい仕事の両方をやってみると、振れ幅は広がる。今まで見えなかったものが見えてくる。あるいは、この仕事を30秒でやるとしたらどこまでできるか、1年かけてやるとしたらどこまでできるのかで、やり方を変えてみる。そうして具体的に振れ幅を広げることによって、新しい発想の生まれる可能性が増す。

──情熱と行動力も必要と。

信念を持って継続することだ。これしかないと、自分を追い込んでいく。ロジックはコンピュータに任せ、人間は感性の領域で、突然変異を生み出すのが役割。両者をうまくバランスさせる。天才的な感性で情熱がないといけない。ライト兄弟も技術で空を飛べたのではない。飛びたいという気持ちが空を飛ばせたのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT