「今期経常増益率ランキング」トップ200 今期大きく利益成長が見込まれるのはどこ?

印刷
A
A

ユニクロ、さらに伸びる

129位は、いまや日経平均株価を大きく左右する存在となったファーストリテイリング。今13年8月期もユニクロがアジアを軸に店舗を増やし、前期のような夏物処分も減り採算が改善、経常利益の2割増益が見込まれている。今期は為替差益も発生し経常利益を押し上げそうだ。まもなく第3四半期の決算発表が予定されているが、計画どおりなら最高純益を連続で更新する。成長企業らしく、PERは40倍前後。過熱ぎみる向きも少なくはない。

一方、低PERが続くのが商社。ユニクロの1つ上の128位にランクインしているのが三井物産だ。前13年3月期は24%の経常減益で着地したが、今14年3月期は2割強の経常増益が見込まれている。営業利益も反発するが、原料権益など海外の持分会社が利益を伸ばし、経常利益はそれ以上に膨らみそうだ。なお、総合商社は自己資本比率の低い企業が多く、ライバルの三菱商事や伊藤忠商事は30%に届かずランキングの対象外となった。

次ページ連続増益のJT
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT