留学費用を「現地に行ってから稼ぐ」手もある

豪州では17年から35歳までワーホリ可能に?

(2)オーストラリアの学生ビザでアルバイト

では、生活費を稼ぎながら勉強をしっかりする方法はないのでしょうか。1つの方法としては、オーストラリアの学生ビザを取得するという手があります。オーストラリアでは、語学留学目的の学生ビザ取得者でも、2週間で40時間までならアルバイトをすることが認められているんです。夏休みなどの休暇期間中は、無制限の就労が可能です。

オーストラリアでは学生ビザでバイトができる!

これに注目して、1年間の充実した留学生活を送ったのが、Yさんです。

■Yさんの場合(27歳・女性 事務職)

商社で経理を担当するYさんは、自身のキャリアアップのために海外で会計の勉強をすることにしました。期間は1年間。予算があまりないため、最初はワーキングホリデーを選択しようとしましたが、留学の斡旋会社からオーストラリアでアルバイトができると聞き「コレだ!」と思ったそうです。

もともと英語は好きだったものの、いきなり専門的な授業を受けるのはハードルが高いと思い、シドニーにある語学学校で3カ月間、ビジネス英語を中心に勉強。その後、州立の高等職業訓練専門学校であるTAFE(Technical and Further Education)で、会計のコースを6カ月間受講しました。

学校が終わってからは、シドニー中心部にある時給15ドルの日本食レストランでアルバイトをする日々を送りました。レストランではまかないが出たので、食費軽減になったとYさんは言います。このアルバイトを、週に20時間・約4カ月継続したので、計4800ドル(日本円にして約40万円)を稼いだ計算です。

さらに、アルバイト先のオーナーからは、滞在中の生活でも何かと助けてもらいました。滞在するアパートを紹介してもらったり、水道が出なくなった際にはアドバイスをもらったり、週末には家族パーティーに呼んでもらったりと、異国の地で心細いYさんにとっては何ともありがたいことです。

さて、結局Yさんの滞在中の収支はどうなっていたのでしょうか。語学学校とTAFEの授業料、滞在(ホームステイ12週間、ルームシェア24週間)の合計費用が、だいたい2万5000ドル(約215万円)。そこから、アルバイト代の4800ドル(40万円)を差し引いて、実際は2万0200ドル(175万円)程度に抑えられたという計算になります。

また、留学したことによる収穫も大きかったようです。英語でのコミュニケーションに自信が持てたことに加え、TAFEで学位を取得することもできました。帰国後は、外資系の会社で経理の仕事に就き、年収アップに成功しました。

(3)アメリカの有給インターンシップ制度

 一方、学校には通わずに、生きた英語を学びたいという人はどうすればいいのでしょうか。活用したいのは、アメリカの社会人向けの有給インターンシップ制度です。一定の社会経験がある方なら、給与をもらいながら就業経験を積むことが可能です。

この制度を利用した場合、フルタイム(週40時間程度)で働くことになるので、時間的にも語学学校に通うのは困難ですが、週末や夜間などに社会人向けコースを受講することは可能でしょう。

次ページホテルで有給インターン
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT