大波乱になる?有馬記念と2017年を予想する

「7」がつく年は、100%ヤバイ年になっている

――確かに2016年は欧米の選挙が、国内では広島が年間を通してのキーワードになりましたが、2017年のマーケットをどう予測しますか?トランプ次期大統領は引き続きマーケットを悩ませてくれるかもしれませんし、欧州でもフランスやドイツで選挙が予定されています。

「7」のつく年は大変なことが起きている

吉崎:「7」のつく年は、1987年にブラックマンデー、1997年はアジア通貨危機、2007年は2008年のリーマンショックの先駆けとなったパリバショックなど、最近は100%大変なことになっていますね。もちろん1987年のブラックマンデー時は、大暴落の後、急騰したわけですが。

2017年はやっぱり視界不良の年でしょうね。だいたい、トランプ次期大統領は「予測不可能性こそが、交渉で勝つ秘訣」と言っている。さらに欧州はご指摘の通り選挙の年。中東の混迷は終わらないし、中国も2017年は共産党の全国代表大会(第19回)を秋に控えて、悩みは深いと思います。そうすると、2017年の結論は拙著の「気づいたら先頭に立っていた日本経済」(新潮新書)ということになるのでは。

――先進国は問題も多いものの、曲がりなりにも食べていくことだけという日常からは解放され、経済を「遊び」で伸ばす時代になった。ゲーム、観光、ギャンブル、さらには「第2の人生」マーケットが広大な日本は「いつのまにか世界の先頭に立っていた」という説ですね。一方、山崎さんは最新のコラムで「2017年は金利上昇の負の側面を考えないといけない。いま儲かっている人は、まずは株を1割から2割ほど売る。あと不動産は買わない方がいい」とおっしゃっていますね。

山崎 2017年年の注目点は何と言っても、米国の金融緩和終了と資産価格の関係でしょう。理屈上ドル金利上昇に伴う円安は日本株にプラスですが、世界的な資産価格下落が起こると抵抗できないでしょう。

ぐっちー:2017年?そりゃ、もう「トランプ次期大統領が一体何をやらかすのか」に左右される1年となるでしょう。実はすでにやらかしていると言う説もあります。だって、国務長官に現役のエクソンモービルのCEOであるティラーソン氏を持ってくるという「荒業」をやってのけましたからね。

その他にも、財務関連の閣僚にはゴールドマン及びウォールストリートの出身が3人という布陣です。トランプバブルがもう始まっているのかもしれませんが、いずれにせよわれわれ金融関係者には頭の痛い1年となることでしょう。

次ページ終わりよければすべてよし!有馬記念予想はいかに?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。