大波乱になる?有馬記念と2017年を予想する 「7」がつく年は、100%ヤバイ年になっている

印刷
A
A

――確かに2016年は欧米の選挙が、国内では広島が年間を通してのキーワードになりましたが、2017年のマーケットをどう予測しますか?トランプ次期大統領は引き続きマーケットを悩ませてくれるかもしれませんし、欧州でもフランスやドイツで選挙が予定されています。

「7」のつく年は大変なことが起きている

吉崎:「7」のつく年は、1987年にブラックマンデー、1997年はアジア通貨危機、2007年は2008年のリーマンショックの先駆けとなったパリバショックなど、最近は100%大変なことになっていますね。もちろん1987年のブラックマンデー時は、大暴落の後、急騰したわけですが。

2017年はやっぱり視界不良の年でしょうね。だいたい、トランプ次期大統領は「予測不可能性こそが、交渉で勝つ秘訣」と言っている。さらに欧州はご指摘の通り選挙の年。中東の混迷は終わらないし、中国も2017年は共産党の全国代表大会(第19回)を秋に控えて、悩みは深いと思います。そうすると、2017年の結論は拙著の「気づいたら先頭に立っていた日本経済」(新潮新書)ということになるのでは。

――先進国は問題も多いものの、曲がりなりにも食べていくことだけという日常からは解放され、経済を「遊び」で伸ばす時代になった。ゲーム、観光、ギャンブル、さらには「第2の人生」マーケットが広大な日本は「いつのまにか世界の先頭に立っていた」という説ですね。一方、山崎さんは最新のコラムで「2017年は金利上昇の負の側面を考えないといけない。いま儲かっている人は、まずは株を1割から2割ほど売る。あと不動産は買わない方がいい」とおっしゃっていますね。

山崎 2017年年の注目点は何と言っても、米国の金融緩和終了と資産価格の関係でしょう。理屈上ドル金利上昇に伴う円安は日本株にプラスですが、世界的な資産価格下落が起こると抵抗できないでしょう。

ぐっちー:2017年?そりゃ、もう「トランプ次期大統領が一体何をやらかすのか」に左右される1年となるでしょう。実はすでにやらかしていると言う説もあります。だって、国務長官に現役のエクソンモービルのCEOであるティラーソン氏を持ってくるという「荒業」をやってのけましたからね。

その他にも、財務関連の閣僚にはゴールドマン及びウォールストリートの出身が3人という布陣です。トランプバブルがもう始まっているのかもしれませんが、いずれにせよわれわれ金融関係者には頭の痛い1年となることでしょう。

次ページ終わりよければすべてよし!有馬記念予想はいかに?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT