鉄道が登場する映画は今も昔も「名作揃い」だ

寅さんや高倉健主演作…日本映画の名場面

これまで鉄道をテーマにした映画といえば、鉄道員のドラマ仕立てによるものがほとんどだったが「僕達急行 A列車で行こう」(2012年・森田芳光監督)は、いわゆる「鉄チャン」の側から見た映画。私の知る限りおそらく最初の「鉄道オタク映画」のメジャー作品ではなかろうか。鉄チャン歴50年以上の私もしてやったりと見終わって拍手をしたものである。

そして、邦画か洋画か「国籍」に迷うところだが、オールヨーロッパロケで製作された「ヨーロッパ特急」(1984年・キネマ旬報・大原豊監督)は武田鉄矢演じる鉄道写真家がヨーロッパ各地の鉄道を撮り歩くというストーリー。後半は鉄道が縁でラブストーリーにまで発展するという鉄道夢物語だ。この作品でTEE(ヨーロッパ国際特急)が映像によって本格的に日本に紹介された。この映画の監修と、武田鉄矢演じる鉄道カメラマンの諸行動は不肖、筆者(南正時)がモデルになっている。

年末年始は映画鑑賞で…

最後に、お勧めの鉄道をテーマにした、あるいは鉄道が登場する映画を思いつくままに紹介しておきたい (順不同)。年末年始は映画鑑賞で過ごすのもいいだろう。

「駅 STATION」の舞台となった留萌線の増毛駅。12月4日限りで廃止となった

「天国と地獄」(1963年・東宝・黒澤明監督)、「雪の行路」(1971年・鉄道ジャーナル社・竹島紀元監督)、「喜劇体験旅行」(1970年・松竹・瀬川昌治監督)、「張込み」(1958年・松竹・野村芳太郎監督)、「点と線」(1958年・東映・小林恒夫監督)、「裸の太陽」(1958年・東映・家城巳代治監督)、「網走番外地シリーズ」(1965年・東映・石井輝男監督)、「新幹線大爆破」(1975年・東映・佐藤純弥監督)、「遥かなる山の呼び声」(1980年・松竹・山田洋次監督)、「駅 STATION」(1981年東映配給・降旗康男監督)などなど……挙げればキリがない。

いやぁ、鉄道と映画ってホントいいもんですねぇ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT