大島優子は「箱根ショック」の小田急を救うか

火山活動の活発化が響き観光客が減少

大島優子さん主演映画にも登場するロマンスカー「MSE(60000形)」

ライバルが好業績に沸く中、小田急電鉄が逆境にあえいでいる。2015年度第1四半期(4~6月期)の鉄道事業の旅客運輸収入の伸びは前年同期比2.4%にとどまり、関東大手私鉄9社中、最低となった。

不調の理由は明らかだ。箱根の火山活動による鉄道利用者の低迷である。

箱根の影響はどれほど深刻なのか

4月下旬から大涌谷周辺で火山活動が活発化し、現在は大涌谷噴煙地を中心とした半径1キロメートル内で入山規制が敷かれている。業績に与える直接的な影響としては、警戒区域内にある箱根ロープウェイの休止が挙げられる。

だが、影響はそれだけにとどまらない。入山規制は一部のみで、規制エリア外の多くの観光施設は通常どおり営業している。それでも、火山活動を嫌気して、箱根を訪れる観光客が大きく減少しているのだ。

小田急の看板である箱根発着のロマンスカーは1日25~28往復が走っている。また、本体の鉄道に加え、箱根登山鉄道、登山バス、高速バス、観光船もある。「ロープウェイを含めた交通5社に施設での物販を含めた第1四半期の影響額は6億円程度」と小田急側は推定しているが、火山活動が長引けば、業績への影響はますます大きくなる。

江の島、鎌倉方面への観光輸送が好調だったことや、自動車運送事業におけるコスト減少などが主要因となり、第1四半期における運輸事業のセグメント利益は前年同期比6.5%増とプラスを維持した。だが、同20~30%増を達成したライバル各社に比べると、その水準は低い。

次ページ小田急が映画の舞台になった理由
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT