大島優子は「箱根ショック」の小田急を救うか

火山活動の活発化が響き観光客が減少

大島優子さん主演映画にも登場するロマンスカー「MSE(60000形)」

ライバルが好業績に沸く中、小田急電鉄が逆境にあえいでいる。2015年度第1四半期(4~6月期)の鉄道事業の旅客運輸収入の伸びは前年同期比2.4%にとどまり、関東大手私鉄9社中、最低となった。

不調の理由は明らかだ。箱根の火山活動による鉄道利用者の低迷である。

箱根の影響はどれほど深刻なのか

4月下旬から大涌谷周辺で火山活動が活発化し、現在は大涌谷噴煙地を中心とした半径1キロメートル内で入山規制が敷かれている。業績に与える直接的な影響としては、警戒区域内にある箱根ロープウェイの休止が挙げられる。

だが、影響はそれだけにとどまらない。入山規制は一部のみで、規制エリア外の多くの観光施設は通常どおり営業している。それでも、火山活動を嫌気して、箱根を訪れる観光客が大きく減少しているのだ。

小田急の看板である箱根発着のロマンスカーは1日25~28往復が走っている。また、本体の鉄道に加え、箱根登山鉄道、登山バス、高速バス、観光船もある。「ロープウェイを含めた交通5社に施設での物販を含めた第1四半期の影響額は6億円程度」と小田急側は推定しているが、火山活動が長引けば、業績への影響はますます大きくなる。

江の島、鎌倉方面への観光輸送が好調だったことや、自動車運送事業におけるコスト減少などが主要因となり、第1四半期における運輸事業のセグメント利益は前年同期比6.5%増とプラスを維持した。だが、同20~30%増を達成したライバル各社に比べると、その水準は低い。

次ページ小田急が映画の舞台になった理由
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。