映画版「路線バスの旅」はどこまでガチなのか

言葉の壁と台風に見舞われ大波乱の台湾縦断

台湾での路線バス乗り継ぎの旅に挑んだ太川陽介さん、三船美佳さん、蛭子能収さん ©2015「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」製作委員会

あの人気番組がなんと映画に……。太川陽介さん、蛭子能収さんと「マドンナ」の女性ゲストの3人が路線バスだけを乗り継ぎ、3泊4日で目的地への到達をめざすテレビ東京の旅バラエティ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の映画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」が2月13日から全国で公開される。

舞台はシリーズ初の海外となる台湾。最大の都市、台北から路線バスだけを乗り継ぎ、最南端の「ガランピ灯台」を目指す。今回のマドンナは三船美佳さん。リーダーシップをとる太川さんとマイペースな蛭子さん、それに三船さんという3人組が、言葉の通じない異国の地でひたすらバスを乗り継ぎ、ゴールを目指して「ガチで必死な旅」を繰り広げる。

台本も筋書きもない番組を映画に

画像を拡大
筋書きのないテレビ番組が映画に ©2015「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」製作委員会

「テレビ東京、なに考えてるのかとまず思いましたね。台本もない番組を映画にするっていうんですから、もう無謀としか思えなかったんですけど」。1月に開かれた試写会での舞台挨拶で太川さんはこう語り、観衆の笑いを誘った。初参戦の感想を問われた三船さんも「今まで体験したお仕事のなかで、ここまで台本がなくて筋書きがないのは初めてでした」と驚きを語った。

2007年の第1弾以来、番組が人気を集めている理由の一つが筋書きのない「ガチンコ」さだ。今回の台湾の旅では台風が直撃し、なんとバスが全線運休になるという「史上最大の危機」に見舞われる。言葉の壁と台風という難関と戦いながら果たしてゴールできるのか、そして台湾の風景と3人が出会う人々とのふれあいが映画の見どころだ。

次ページ最難関は「言葉の壁」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。