手が異常に冷える場合に疑われる「疾患」は?

寒さやストレスが引き金となるレイノー現象

寒くない季節でも、レイノー現象の症状があらわれることがある。夏の暑さを避けようと、エアコンのきいた部屋に入った時などだ。

ストレスを受けた時も、同じ反応が起こる可能性がある。動物が危険に遭遇すると、生き残るための活動に必要な細胞に血液を集めて身を守るが、人の体も同様の反応を起こすのだ。

ジョンズ・ホプキンス大学医学部のフレデリック・M・ウィグリー教授とニコラス・A・フラバン教授が、最近「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に発表した論文によると、レイノー現象は全人口の3~5%に起こるという。

男性の方が罹患率が高い

レイノー現象には「原発性」と「二次性」の2種類がある。原発性のほうが一般的だが、まだ原因は知られていない。二次性は、他の疾患や症状と関連している。具体的には、強皮症やリウマチ性関節炎、シェーグレン症候群といった結合組織疾患、あるいは自己免疫疾患などだ。塩化ビニルなどの化学物質や、掘削機などの振動を伴う機械を仕事で扱う人も、二次性のレイノー現象を発病しやすい。

原発性のレイノー現象が現われ始めるのは、通常15歳から30歳までの比較的若い頃だ。最大でその半数が、第一等親血縁者(両親・兄弟・子ども)にレイノー現象の親族がいる。女性のほうが男性よりも罹患率が高い。

原発性レイノー現象は、不快感はあっても危険ではなく、また二次性ほど深刻ではない。二次性は原発性よりも遅く、通常35歳から40歳にあらわれ始める。稀なケースではあるが、症状が重い場合は血流が慢性的に消失し、潰瘍や壊疽が生じて手術が必要になることもある。

次ページ手足の寒さをしのぐには
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT