「能率協会」の母親向け手帳が売れている理由

手帳の売れ行きランキング上位を独占

「能率手帳」が市販された当時は「手帳はもらうもの」だった。社員への支給品や、得意先への贈答品として使われたのだ。もちろん能率手帳も、そうした用途で大いに普及し、一般への認知度も高まった。その後、バブルの崩壊とともに法人手帳は縮小。「手帳は買うもの」へ移行し、能率手帳も近年では新規ユーザーが増えず、購入者が高齢化しているという課題があった。そこで2013年にNOLTYとして刷新し、若年ユーザーの取り込みを図っているところだ。

ママ向け手帳は、その新ブランド発売から1年さかのぼる2012年に発売された。ママ向け手帳の企画を一から立ち上げたのが、出産から復職したばかりだったという潮村氏だった。

「仕事と育児を両立させなければならないという事態になって、手帳の使い方が変わってきました。自分の予定だけでなく、子どもと夫の予定も把握しなければならない。書き方を工夫しなければ、毎日の生活がごちゃごちゃになってしまうんです」(潮村氏)

そこでママ友や、社員、社内のパートナースタッフとして働く主婦などに、どのように手帳を使っているかの聞き込みを行った。すると、ペンの色を家族それぞれで変える、カレンダーに書き込みスマホで撮るなど、家族の予定管理に苦労している実態がわかってきたという。

「家族の予定を1冊で管理できる手帳が必要だと感じ、企画を検討しました」(潮村氏)

「主婦向けなんて、売れるの?」

月間レイアウト。上下に罫線が引かれ、仕事の予定とプライベートの予定を分けて記入できる(写真:日本能率協会提供)

しかし、JMAMは“無難路線”のメーカー。重視されるのは汎用性であり、ターゲットを絞り込んだ、個性の強い商品開発の経験があまりない。1990年代に「女性向けビジネス手帳」として売り出した手帳も、あまりぱっとせず打ち切ったという経緯があった。そのため社内でも「主婦向けなんて、売れるの?」と心配する声が多かった。

「ただ、当時は新ブランド(NOLTY)の立ち上げを検討していた時期でしたから、新しいものに挑戦しよう、という雰囲気は高まっていたと思います。また、社内に出産・育児休暇後の復職者が多いことなどにも後押しされて、発売に踏み切ることになりました」(潮村氏)

初年は保守的に、あまり「ファミリー色」を打ち出さずに発売したが、21万冊を売り上げた。翌年からは、手帳につけるオビや広告で、大々的に「ママ向け」「ファミリー向け」をうたった。

次ページ人気の理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。