「能率協会」の母親向け手帳が売れている理由

手帳の売れ行きランキング上位を独占

このように、70年の歴史に新しい着想が組み合わさることで、ヒットが生まれたと言えるだろう。また、潮村氏を中心とする女性の企画チームが、社内の復職者にモニタリングしながら細やかに作り込んでいったことも勝因だった。発売後もユーザーの意見を取り入れながら、毎年、マイナーチェンジを行っている。

社内の改革にもつながった

日本能率協会マネジメントセンター NPB事業本部PAGEM企画部長 潮村麻里子氏(写真:編集部)

実はPAGEMは、先述した「女性向けビジネス手帳」の流れを受け継ぐもので、「ページにGEM(宝石)のようなかけがえのない毎日を記してほしい」との意図があるブランド名もそのまま使った。女性の、手帳に対する細やかな感性を取り入れようとする、同社の姿勢がよく表現されている。

「女性は手帳に対するモチベーションが高いと感じます。また、単に予定を書き込むだけのものというよりは、手帳で自分の軌跡を確かめる、というような側面もあります。過去の手帳を何年間分も取っておく女性もいます」(潮村氏)

ママ向け手帳の企画・発売は、社内の改革にもつながった。たとえば、これまでは「手帳企画部」としてひとつにまとめられていたが、現在ではNOLTYとPAGEM、それぞれ専門の部ができたという。また、より使い勝手を高めるために、ユーザーとの座談会や試作評価会を開くなど、ユーザーとのコミュニケーションを図ることが多くなった。将来的には、ソーシャルメディアなどを使って、ユーザー同士で手帳について語り合えるツールもつくりたいという。

これからの課題は、新しい分野であるママ向け手帳がロングセラーとして育つかどうか。そのための取り組みを、同社では今まさに始めたところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。