「能率協会」の母親向け手帳が売れている理由

手帳の売れ行きランキング上位を独占

横ケイのレイアウト。見開きで2週間の予定を一覧できる。5分割され、家族の予定を書き分けられる。ほかに見開きで1カ月の予定を一覧できる3分割パターンもある(写真:日本能率協会提供)

人気の理由は、第一に家族の予定が簡単に書き分けられ、パッと見てわかりやすいこと。マス状のカレンダーの次のページに、同じ月の横ケイ線のカレンダーページがレイアウトされている。行が分割されているので、自分・夫・子ども、などと予定を書き分けられるほか、見開きで家族の予定を把握できる。欄の数は3分割、5分割などバリエーションがあり、家族の人数に合わせて選べるようになっている。

ママたちの心をとらえるのは、レイアウトの使いやすさだけではない。デザイン性と実用性のバランス、手帳としての品質のよさも、大きなポイントとなっている。

「特に表紙は、“無難路線”ではチャレンジできなかった加工方法を採用しています」(潮村氏)

2種類のシートを重ね合わせて発色

PAGEMファミリーシリーズは2サイズ、8色展開(写真:編集部)

カラーバリエーションを見ると、ワイン、シャンパンピンク、ボルドーブラックなど、こだわりを感じさせる色名が並ぶ。たとえば一番人気のワインでは、色の異なる2種類のシートを重ね合わせることによって、深みのあるワイン色を表現した。さらに、表面には型押しで植物の模様をつけている。模様の凹凸とシートの2枚使いというダブルの立体感が、ラグジュアリーな雰囲気を高めているのだ。表地と裏地の重ね方で色合いを何とおりにも楽しんだ、平安時代の装束を思わせる。実際、シートの組み合わせで出てくる色がまったく異なるため、「毎回、思いどおりの色を出すために、何種類もサンプルを作っています」(潮村氏)とのことだ。

中面にも、PAGEMブランドならではの工夫が凝らされている。文字には薄いピンク、ブルーなど、抑えた色調ながら華やかな色を使用した。これには「忙しいママだからこそ、手帳を開いたときに、明るい気持ちになってほしい」との意図がある。アクセントとなっているのが、ハトのアイコン。「平和の象徴なので、家族の幸せと平和を願って」というメッセージが込められている。

また、歴史ある能率手帳と同様の製法で、手帳としての品質や使い心地については評価が確立されている。たとえば使用する紙は、ありとあらゆる筆記具で試し書きをして選び抜かれている。また、印刷から始まるさまざまな工程で、機械と人の目によるチェックが入っているという。

次ページユーザーの意見も取り入れる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。