ネットがダメな会社はHPの改良を怠りすぎる

「お客様の都合」に合わせるたった1つの方法

こまめな改良を重ねて行くことが肝要です(イラスト:yoshi / PIXTA)

「あれ、また、なんか変わってるな」

訪れるたびにそんな印象を持つインターネットのホームページ(HP)がありませんか。レイアウトやデザインが少し変更になったとか、ボタンの色が変わったとか、コピーが新しくなったとか、リニューアルのような規模の大きなものでなくても、気にしてみると、けっこうな頻度で更新されているホームページは少なくないでしょう。

もしかすると、あなたが見ているそのホームページは、実は非常に「優秀なホームページ」なのかもしれません。私は、拙著『会社のホームページはどんどん変えなさい』のなかで、Webマーケティングを行う際、ホームページを頻繁に変えていく必要性について述べていますが、本稿では、実際の企業のページを例に、その意味するところをご紹介します。

ホームページの精度が向上する「A/Bテスト」とは

ビッグモーターは、中古車・新車販売および車両買い取りのほか、車検、鈑金など、車に関するあらゆるニーズに応えている企業です。中でも、中古車販売では販売台数3年連続日本一の実績をあげている(株式会社総合企画センター大阪調べ)、業界トップクラスの会社です。

ビッグモーターは、ホームページ上でクルマの「無料査定」の依頼ができるのですが、申し込みフォームの設置にあたり【A】と【B】2つのパターンを用意しました。

次ページどんどん更新するリサイクルショップの買い取りページ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東大 京大 合格者ランキング<br>平成31回の入試で浮かぶ名門校

平成の31年間に東大、京大の合格者を多く出した学校はどこか。東大王者は不動の開成だったが、京大トップは洛星、洛南、西大和に北野と近年は激戦。ゼロから名門校にのし上がった学校も。勢力図の変遷が透ける各200校リストをご覧あれ。