上から目線の人と、体育会的なノリが嫌い

ユナイテッドアローズ 重松会長の好き嫌い(下)

体育会的なノリが嫌い

楠木:では、ちょっと質問を変えて、嫌いなものをお伺いしたいと思います。嫌いなもの、苦手なものはありますか。

重松:上から目線の人というか、威張っている人は嫌いですね。

楠木:私も本当に嫌いなんですが、私の勝手な仮説では、男の「威張り」というのは、本能というか性(さが)みたいなものだと思うんです。世間の評判が悪いのは、本人もよく理解しているのですが、ついついそうなってしまう。私はそういう人を見ると、本能が抑えられない気の毒な人だと思うようにしています。

重松 理(しげまつ・おさむ)
ユナイテッドアローズ取締役会長。
1949年神奈川県逗子市生まれ。1973年明治学院大学経済学部卒業。婦人服メーカーに勤務の後、セレクトショップ「ビームス」の立ち上げに参加。1号店の店長に就任。同社常務を経て、1989年にユナイテッドアローズを設立。社長に就任。2002年に東証2部、2003年同1部への上場を果たす。2012年より現職。2013年3月末現在、15のストアブランドを持ち、全国に208店舗を擁する。

重松:それはいいかもしれません(笑)。

楠木:ただ、周囲を威圧するような男性ホルモンが強い人というのは、ビジネスでも結構成功するタイプです。同じように、私は「媚び」は女性の本能だと考えていて、威張る男性と媚びる女性というのは、非常に相性がいい。この組み合わせが多くなるほど、世の中はうまく回るのではないかと考えています(笑)。ただ、もめ事や戦争はなくならないかもしれませんが。

重松:私は、そもそも人と集まって何かをするというのが、ちょっと苦手で。学生時代にバスケットボールをしていたので、チームプレーができないわけじゃないのですが、グループの中にリーダー的な人がいると、もうダメなんです。そのリーダーに従うとか、言うことを聞くとかが苦手。自由にできないと。

楠木:業界内のサークル的な集まりとかはないのですか。

重松:あります。でも、誰かがリーダーになって、という感じではないんですよ。

楠木:体育会的なノリが嫌いということですか。

重松:そうですね。ただし、自分がリスペクトしている人たちに対しては、体育会系のノリでコミュニケーションを取るようにしています。

楠木:それはなぜですか。

重松:好き嫌いを超えて、そういう接し方のほうが、社会的に正しいことだと自分が考えているからです。社会的に正しいと思えることをするのが好き、と言えるかもしれません。しかし、自分の部下には決してそういうノリは要求しません。

次ページすぐに声をかけられるのは苦手
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT