子育てを姑に任せっきりにするのは間違いだ

自信がなくても、育てることで親になれる

「子育ては義理の母に任せっきり。これからも育てる自信がないのですが、どうすればいいでしょうか」(写真:Ushico / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

今後の人生を、どのように生きればよいのかわかりません。30歳の私は25歳で妊娠をきっかけに結婚しました。そして子どもが7カ月のときに別居し、夫と子どもは熊本、私は東京とそれぞれの実家へ戻りました。
その後、私が熊本へ行き、夫と2人で暮らすようになりました。夫は子どもが生まれる少し前に無職になり、今年10月から契約社員で働き始めました。私は専門学校へ行ったり働いたりして、子育ては、義理の母に任せっきりです。
こんな状況の中、夫は2人目が欲しいと言います。「今度はちゃんと2人で育てたい」「(今の契約が終わっても)次の仕事を紹介してもらう」と言いますが、私は夫のことが信じられません。
今の子どもが生まれたときに夫はうつで、「もう死にたい、死ぬから」と言っていました。それを思い出すと2人目を考えるなんてとんでもないことだと思います。
潔く離婚したほうがいいかとも考えます。その際、子どもの親権はあきらめています。私は子育てをしていないし、これからもできる自信もありませんから。
結局は離婚にも踏み切れず、このまま結婚を継続するのも不安で、判断を下せません。私はどうするべきか、意見をお聞かせください。
NS

育児放棄の正当化にしてはいけない

この連載の一覧はこちら

2人目を願望する、今の夫君に反対するあなたの判断は正しいです。夫の口約束が信じられないというのも、理解できます。

しかし、最初の子どもさえ育てず、これからも育てる自信がないと言うあなたが、第1子出産時の夫のウツ症状を理由に、第2子出産はとんでもないと考えるのは問題があります。

第1子をそもそも、育てていないことが、あなた方夫婦の最大の問題なのです。まずは義母から子どもさんを段階的にでも引き取り、2人で子どもさんを育てることが、目の前の課題です。子育てへの自信のなさを、育児放棄の正当化に使ってはいけません。

次ページ「生みの親より育ての親」は本当
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。