「嫁の収入を頼りにする夫」は何も悪くない

家計を助けるのが嫌な女性は結婚するな

主婦は生活費を出してはいけないのでしょうか(写真 :EKAKI / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

ずっと落ち込んでいます。私は夫と1才の娘の三人暮らしです。夫は自営業主で、ようやく今年に入り生活が安定してきました。それまでは喧嘩しながらも、不調の時は私のお給料で、生活を支えてきました。
不満も不安もありましたが、商売の才覚はある人だとも信じていたからです。ところが仲の良い友達から(彼女は私の夫の店で働いていて、生活費は家庭に1円も入れていません)、主婦は生活費なんて出してはいけない、給料は自分のものにすべきだと、忠告されています。
私だってそうしたいですが、現実問題として、協力してきました。私は馬鹿なのでしょうか。生き方を否定されたようで落ち込んでいます。ちなみに、生活保護を受けている義母にも同じことを言われています。
私の実家では実母は父が苦しい時に、たくさん経済的に支えていました。文句は言っていますが、生き生きと仕事をしていて誰にも気前よく、かっこいい母です。でも世の中には、もっと楽をしている女性はたくさんいるような気がします。やはり女性は結婚すれば、いかに男性からおカネをもらうかを考えるのが幸せなのですか。会うたびにその友人にバカ呼ばわりされ、だんだん腹立たしくなり、喧嘩になりそうです。
ぽーちく

時代遅れのような友人の考えにまどわされてはいけない

この連載の一覧はこちら

あなたのその友人は、生まれて来た時代を1世紀くらい間違っているようですよ。友人の物言いに少しでも心揺らぐあなたも、いただけません。

夫婦で、夫のおカネは生活費として使うのは当然で、夫が苦境のときも妻の収入は妻だけのものなら、もはや真実の夫婦ではありません。それで壊れない夫婦があったなら、それは仮面夫婦かもしれません。

1世紀さかのぼらなくとも日本では家父長制の名のもとで、女性は家にあって家事・育児をし、夫や舅・姑に孝行し家を守ることをするべき、と教科書などを通じて教育されてきました。良家の子女はもちろん、普通家庭の子女でさえ外で働くのはもってのほかで、良妻賢母のための修業をし、さっさと“家柄”などを合わせて結婚するのが育ちが良く、“家”のメンツの立つことでした。

次ページ女性を経済的に無能力者にする制度だった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT