タイムズだけがカーシェアで勝ちまくる理由

パーク24がとらえた事業者と利用者のズレ

「車があったら便利だけど、買うほどではないなあ」という方も多いのではないだろうか。自家用車を購入すれば各種税金や保険料、駐車場代、車検代などがかかり、いっさい乗らなかったとしても保有しているだけで維持費は年間10万円単位で発生する。また、公共交通機関が発達している都市部においては、「買い物や子どもの送り迎えなど、ちょっとした用事に車があったら便利だけど、レンタカーを借りるほどではない。まして買うほどでもない」という人は少なくないだろう。

そうはいっても、「ちょっとした子どもの送り迎え」「イケアへ家具の買い物」など車があったほうが便利なシーンは多々ある。ところが、パーク24参入以前の多くのカーシェアには欠点があった。カーシェアを利用しようとしても、徒歩15分以上かかることもざらにあった。ましてやレンタカーの場合は、最低でも3~6時間という単位で借りる必要があり、身近なサービスではなかった。

「徒歩で気軽に行ける場所に拠点がない」

当初、多くのカーシェア事業者は日本全国への普及を目指し、薄く広く全国に点在するようにカーシェアスタンドを作っていったが、多くの利用希望者にとって「徒歩で気軽に行ける場所にカーシェアの拠点がない」という問題が起きた。

タイムズカープラスはこの「ズレ」を発見し、企業の視点ではなく、「消費者の立場」からカーシェアビジネスを捉えた。押さえたのは「即座に乗れる密度」というツボだ。全国に広く薄く展開するよりも、一定の地域に集中して拠点を設置するドミナント戦略を選択した。カーシェアスタンドをまずは都心に密集させ、消費者とカーシェアの重なりを構築した。

これが後発参入ながらも、一気に競合を抜き去って唯一の黒字化を果たす原動力となる。コンビニもATMもすべてが「すぐそこ」が当たり前になっている消費者にとっては、自家用車を持たずに節約できることより「すぐそこ」で借りられることがツボだったのだ。

次ページパーク24が持っていた最大の武器
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT