マクラーレン570GTは実用的スーパーカーだ

効率を最大限に求めたボディデザインの秘密

 

スーパーカーは非日常のものである。誰の目をも引く流麗でスタイリッシュなボディデザインや、現在のクルマが持つ最高レベルのパフォーマンスを有し、何なればオーバー300km/hの世界も味わえる。しかしクルマとして使う場合、そこにはやはりある程度の実用性も欲しいのが実情。その両極のニーズに対応したモデルが、マクラーレンの570GTである。

これまでのスーパーカーにない新コンセプト

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

実に10年ぶりとなったホンダ NSXや軽自動車のスーパーカーともいえるホンダ S660の登場もあって、今、ミッドシップスーパーカー市場がいつになく熱い。スーパーカーの代表ブランドであるフェラーリやランボルギーニなど先行するイタリアンブランドはもちろんのこと、アルファロメオ 4Cやポルシェ 718ボクスター、ケイマンといったミドルクラスのミッドシップスポーツカーのラインナップも豊富。

そうした中、後発ながらF1マシンのノウハウを市販車に持ち込み、本格派との呼び声高いのが英国のマクラーレンである。

570GTは、今年3月に行われたジュネーブ・ショーでデビューしたマクラーレンのスポーツシリーズにおける第3のモデルラインナップだ。現在マクラーレンは上からアルティメットシリーズ、スーパーシリーズ、そしてスポーツシリーズと3つのカテゴリーで車両を開発・販売しているが、その中でもスポーツシリーズはエントリーグレードを担うラインナップになる。

次ページロングツーリングも得意とする新機軸
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。