マクラーレン570GTは実用的スーパーカーだ

効率を最大限に求めたボディデザインの秘密

スーパーカーは非日常のものである。誰の目をも引く流麗でスタイリッシュなボディデザインや、現在のクルマが持つ最高レベルのパフォーマンスを有し、何なればオーバー300km/hの世界も味わえる。しかしクルマとして使う場合、そこにはやはりある程度の実用性も欲しいのが実情。その両極のニーズに対応したモデルが、マクラーレンの570GTである。

これまでのスーパーカーにない新コンセプト

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

実に10年ぶりとなったホンダ NSXや軽自動車のスーパーカーともいえるホンダ S660の登場もあって、今、ミッドシップスーパーカー市場がいつになく熱い。スーパーカーの代表ブランドであるフェラーリやランボルギーニなど先行するイタリアンブランドはもちろんのこと、アルファロメオ 4Cやポルシェ 718ボクスター、ケイマンといったミドルクラスのミッドシップスポーツカーのラインナップも豊富。

そうした中、後発ながらF1マシンのノウハウを市販車に持ち込み、本格派との呼び声高いのが英国のマクラーレンである。

570GTは、今年3月に行われたジュネーブ・ショーでデビューしたマクラーレンのスポーツシリーズにおける第3のモデルラインナップだ。現在マクラーレンは上からアルティメットシリーズ、スーパーシリーズ、そしてスポーツシリーズと3つのカテゴリーで車両を開発・販売しているが、その中でもスポーツシリーズはエントリーグレードを担うラインナップになる。

次ページロングツーリングも得意とする新機軸
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT