日本の鉄道に「海外製」が増えない根本原因

「品質の違い」ではすまされない問題があった

京急2100形は、当初ドイツ製だった電気機器を国産品に換装した(筆者撮影)

京浜急行電鉄は1997年、快特(快速特急)用として運用していた2000形の置き換えを計画したが、この際新たに導入する2100形のモーターと制御装置にドイツのシーメンス(Siemens)製の標準設計品を採用してコストダウンを図った。

たとえばモーターの出力は、日本では走行路線に合わせてほぼ10キロワット刻みで設計するが、当時シーメンスの通勤電車用メニューには140・190・230・250キロワットの4種類のモーターしかなく、大は小を兼ねるという設計思想で190キロワットを選定した。ちなみに、同様の編成・性能である600形4次車の国産モーターは180キロワットだ。また、単年度発注では逆に高価になってしまうため、年度を跨いで発注数をまとめたこともコストダウンに結び付いた。

このようにイニシャルコストダウンに成功した京急2100形であったが、いざ営業運転が始まると品質の問題が顕在化してきた。

日本と欧州の「品質」に対する意識の差

たとえば制御装置の電子機器の不具合により、8両編成中4両ある電動車のうち1両のモーターが働かなくなってしまう。性能的にはその状態でも従来の2000形とほぼ同じでダイヤを乱すことは無く、ドイツならばそのまま営業運転を続けるだろう。しかし、日本の鉄道事業者はなるべく早く車両交換を行うのが原則で、故障の原因究明と再発防止対策が行われる。安全・正確な運行は、このような厳格な対応で守られてきたのである。

日本のメーカーは小さな故障も疎かにせず、再発防止対策を積み重ねて世界に冠たる“日本品質”を築き上げた。一方、欧州のメーカーは保証期間内の部品交換が基本であり、同様の故障が多発しない限り、原因究明や再発防止対策を行う意識は希薄である。

このような品質に対する日本と欧州の対応の差により、京急では輸入品の採用を止め、のちに2100形のモーターと制御装置も国産品に置き換えた。モノを売る側の問題点として、日本の鉄道事業者の高度な要求(故障への対応も含む)を十分に理解した上で参入しないと、これと同じ轍を踏むことになってしまう。

次ページ海外と日本「仕様書」に大きな差
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT