日産が、新型軽「デイズ」投入で狙う“安定”

三菱自と共同開発の第1弾

日産自動車は6月6日、三菱自動車と共同開発した軽自動車「デイズ(DAYZ)」を発売した。軽自動車の最大市場となっているハイトワゴンタイプで、ダイハツの「ムーブ」やスズキの「ワゴンR」、ホンダの「N ONE」などの人気車種に割って入る構えだ。

日産は11年前から軽自動車の販売に参入しているが、これまではスズキや三菱自などからのOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けるのみで、企画段階から開発に関わった軽自動車はデイズが初めて。2011年に三菱と合弁で軽自動車の企画開発会社・NMKVを設立、同社を通じて三菱に開発を委託する方式で開発を進めてきた。

生産は三菱自が軽自動車を生産する水島工場(岡山県)が担うが、日産も、部品調達から生産管理、品質管理などの各段階で関与している。三菱自側は車体デザインなどを変えた「eKワゴン」として販売する。

従来のOEM調達は“不安定”

軽の共同開発に踏み込んだことについて、日産の志賀俊之COOは「軽自動車市場の位置づけが高まる中で、顧客の要望どおりに供給ができない従来のOEM方式は見直さざるをえなくなっていた」と説明する。軽自動車の需要が伸びる中、日産はOEM元から思うように車両の調達ができず、“不安定”だったことが軽自動車事業の拡大には足かせになっていたのだ。

次ページ「デイズ」の商品力は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT