日産が、新型軽「デイズ」投入で狙う“安定”

三菱自と共同開発の第1弾

コンパクトカー客とは「思った以上に重ならない」

ノートなどコンパクトカーとの食い合いも予想されるが、片桐副社長は「軽と登録車の顧客は思っていた以上に重なっておらず、今のところ影響は少なそう。ただ、デイズの引き合いが強くなったとしても、他の登録車の営業がおろそかにならないように気をつけたい」と述べた。

日産では、共同開発車の第2弾として、14年初頭にスーパーハイトワゴン「デイズ ルークス」を投入する予定だ。この非常に高い車高で社内空間を広くとったこのジャンルは、軽の中でも若いファミリー中心に急成長のジャンル。ダイハツ「タント」、ホンダ「NBox」、スズキ「スペーシア」などがしのぎを削る。この第2弾を投入した時点で、軽市場で10%超のシェア(2012年度7.7%)獲得を目指す。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT