ケンタッキー、調理を「見せる」新型店

“こだわり”強調、マックやコンビニに対抗

カーネル・サンダースをイメージしたスーツを着て会見する渡辺正夫社長。

フライドチキン市場の中でKFCの存在感は飛び抜けている。しかし近年、マクドナルドなどの外食や、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアがフライドチキン商品を強化しており、競争は激化している。

競合先の多くが中国産やタイ産などのチキンを原材料として使っているのに対し、KFCは契約している200カ所の農場で生産した国産チキンを使用。さらに全店で、粉付けなどの下ごしらえ段階から店内調理をしている点に特徴がある。

新型店で競合との差別化狙うが、多店舗化は未定

今回の調理工程「見える化」には、競合先との差別化のために、こうした同社のこだわりを積極的に顧客にアピールしていこうとする狙いがある。

6月5日、東京ドームシティラクーア店お披露目の場で会見した日本KFCの渡辺正夫社長も、「KFCのこだわりを理解してほしい」と、新型店舗に懸ける意気込みを語った。

もっとも、従来店にはない趣向を凝らした新型店舗だけに、設備にはおカネが掛かっている。東京ドームシティラクーア店の設備投資は、従来店に比べて3割増しの1億円程度とみられる。

日本KFCは今年3月末で1180店を展開しており、そのうち3割弱の329店が自社の直営店だ(残りはフランチャイズ店)。東京ドームシティラクーア店も直営店だが、設備投資がかさむこともあり、まずは実験店舗との位置づけ。多店舗化するかどうかは未定だ。

次ページ既存店売上高は前年割れ続く
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT