カーネルおじさん、LINEを席巻

スタンプ欲しさに440万人登録

白いスーツに、白いヒゲ、黒ぶちメガネをかけたカーネル・サンダースは、誰もが知っている「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」の創業者だ。この「カーネルおじさん」が泣いたり笑ったり、ほかでは見せない表情をするスタンプが、400万人以上の登録ユーザーを呼び込んでいる。

テレビ見ないスマホ世代ターゲット

利用者数が1億人を突破したLINE。外食企業でもマーケティングツールの1つとして活用する企業が増えている。その中でもKFCは、ローソンやコカ・コーラに次いで登録ユーザー440万人以上(2013年1月末時点)を数え、企業の公式アカウントでは3位につけている。

KFCを展開する日本ケンタッキー・フライド・チキンは、若年層をターゲットにした割安なランチセットの割引キャンペーンを告知するため、昨年10月末からLINEの利用を開始した。LINEはテレビCMよりは安いが、1回のメールを送るのに、無料のSNSと異なり高額な費用負担を要する。

しかし、SNSマーケティングを統括する干場香名女・経営企画チームマネージャーは「LINEは、テレビをあまり見ずに、スマホを活用する世代へ直接、かつ迅速に届くのが魅力的」と語る。

ブランドを強化するため、カーネルおじさんのスタンプは、アニメ風、劇画風などいくつかの候補の中から、親しみやすいデザインを採用した。さまざまな感情を表現するカーネルおじさんのスタンプを求めて登録が一気に拡大し、開始からわずか1週間で登録ユーザーが200万人を突破した。

次ページクリスマス商戦はいま一つ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。