カーネルおじさん、LINEを席巻

スタンプ欲しさに440万人登録

特に店舗でアルバイトとして働く高校生や大学生からの反響が大きく、現在は440万人を超える規模を誇る。「スタンプは必ず成功すると自信があったが、ここまでパワフルになるとは思わなかった」と干場マネージャーも驚きを隠せない。

稼ぎ時のクリスマス商戦はいま一つ

会社側はLINEの勢いに乗り、「KFCの鈍重なイメージを刷新したい」(広報)と意気込む。今後はランチセットの告知以外にも、若者向けがターゲットの氷菓飲料「クラッシャーズ」のマーケティングや、LINE限定のクーポン券配布などに活用していく方針だ。

ただ、業績面では、日本ケンタッキー・フライド・チキンの売上高は苦戦している。12年4~12月の既存店売上高は97.1%と2年連続で前年を下回り、稼ぎ時のクリスマス商戦も同100.3%と前年維持がやっと。外食市場の縮小に加え、コンビニが店頭で販売するチキンの強化が影響している。

東洋経済では「会社四季報」新春号(昨年12月発売)で、同社の今13年3月期予想について、会社側の営業増益計画の達成は難しいと見て、独自に減額修正している。足元の苦戦が続くようだと、さらに減額余地が出てくる可能性もあると見ている。

LINEの成功だけでは業績浮揚には不十分。この爆発力を次のマーケティング策に生かせるかどうかがカギとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。