ケンタッキー、調理を「見せる」新型店

“こだわり”強調、マックやコンビニに対抗

足元での日本KFCの業績は苦戦が続いている。前2013年3月期の業績は、売上高が858億円(前期比2.6%減)の小幅減収となり、営業利益は23.9億円(同0.2%増)とほぼ横ばいだった。

既存店売上高は前期比95.9%と3期連続のマイナス成長に沈んだが、期末にかけて広告宣伝費用や、ポイントカード「ポンタ」などを利用したCRM(顧客情報分析)関連費用等を切り詰めることで、営業利益については何とか横ばいを維持した。

販促キャンペーン連打でも、集客効果いま一つ

日本KFCは昨年、創業者カーネル・サンダースの手記を活用したイベントや、オリジナルチキン食べ放題といったイベントを連打。また、昨年10月末から販促のために利用を開始したLINEでは、「カーネルおじさん」のスタンプが受け、会員数が5月末時点で540万人を突破している。

ただ、こうした取り組みも、実際の集客には大きく結びついていないのが現状だ。

今2014年3月期の業績も、前期に膨らんだ広告宣伝費やCRM関連費用は高水準が続くため、営業利益はほぼ横ばいの24.1億円(前期比0.6%増)と苦しい展開だ。既存店売上高はプラスを見込むものの、4月の実績は91.4%と大幅な前年割れ。5月も「あまりよくない」(渡辺社長)状況で、苦戦が続いている。

次ページ来春の持ち株会社化でどうなる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT