ケンタッキー、調理を「見せる」新型店

“こだわり”強調、マックやコンビニに対抗

調理工程が「見える化」されたケンタッキーの東京ドームシティラクーア店。

ケンタッキーフライドチキン(KFC)を展開する日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)が、6月6日から“新型店舗”を出店する。

同社は6月5日、東京ドームシティ(東京都文京区)内の商業施設・ラクーア内にオープンする「KFC東京ドームシティラクーア店」を報道陣に公開した。調理工程を「見える化」したオープンキッチンを備えた新型店舗、が最大のウリとなっている。

東京ドームシティに調理工程「見える化」した新型店

実際に、同店の客席からは、フライドチキンが調理される工程を逐一見ることができる。

まずはチキンを牛乳と卵の液に浸し、その後に創業者のカーネル・サンダースが考案した11種類の秘伝のスパイスと小麦粉をチキンにまぶす。まぶし方にもポイントがあり、底からすくい上げるように全体にまぶした後、力を入れてチキンをプレスする。余分な粉を落とした後、185度に温度を上げた圧力釜で15分ほど揚げる。

下ごしらえから、チキンが揚がるまではおよそ30分。一連の調理は、日本国内では「COMライセンス」という同社の社内認定資格をもった6000人しか行えないことになっている。

同社では今回オープンする新型店舗を使って、親子連れや学校向けなどを対象に、調理方法の解説やキッチンの見学ツアーなどさまざまな体験型イベントも実施する予定だ。

次ページ「見える化」新型店、多店舗化は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT