DMM会長がアフリカに100億円を投じる理由

欲しているのは、発想力ではなく実行力

――日本に持って来ようと決心して、実際に持って来た人が偉いと。

そう。俺もUber(配車アプリ)みたいなサービスがあったら絶対便利だなって考え付いたことはあった。

亀山敬司(かめやま けいし)/DMM.com取締役会長。石川県加賀市出身。税理士を目指して上京するも、露天商に弟子入りし、商売・経営の世界へ。現在、FX、英会話、ゲーム、太陽光発電、3Dプリンタ、VRシアター、アフリカ事業、スタートアップ支援と多岐にわたる事業を展開するDMMグループを率いる。素顔は公開していない

でも、何からどう手をつけたらいいのか見当もつかなかった。日本だとタクシー会社と組まなきゃムリだよなと思ったくらいで、その先は動かなかった。結局、偉いのは実際にやった人。ほとんどのビジネスなんてそう。

俺も高卒でさ、とにかく色々動いてきたことくらいしか自慢がない。今は新卒で頭のいい人がたくさん入ってきているから、そういう社員がどんどん動いてくれると面白い。

別に「人生をかけてやる」なんて過酷なことでもない。損失が出ても会社の負担だし、逆に当たればそこの責任者になれるかもしれない。タダでチャンスをもらえるのだから、やらない手はないはず。 

(撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT