DMM会長がアフリカに100億円を投じる理由

欲しているのは、発想力ではなく実行力

――日本に持って来ようと決心して、実際に持って来た人が偉いと。

そう。俺もUber(配車アプリ)みたいなサービスがあったら絶対便利だなって考え付いたことはあった。

亀山敬司(かめやま けいし)/DMM.com取締役会長。石川県加賀市出身。税理士を目指して上京するも、露天商に弟子入りし、商売・経営の世界へ。現在、FX、英会話、ゲーム、太陽光発電、3Dプリンタ、VRシアター、アフリカ事業、スタートアップ支援と多岐にわたる事業を展開するDMMグループを率いる。素顔は公開していない

でも、何からどう手をつけたらいいのか見当もつかなかった。日本だとタクシー会社と組まなきゃムリだよなと思ったくらいで、その先は動かなかった。結局、偉いのは実際にやった人。ほとんどのビジネスなんてそう。

俺も高卒でさ、とにかく色々動いてきたことくらいしか自慢がない。今は新卒で頭のいい人がたくさん入ってきているから、そういう社員がどんどん動いてくれると面白い。

別に「人生をかけてやる」なんて過酷なことでもない。損失が出ても会社の負担だし、逆に当たればそこの責任者になれるかもしれない。タダでチャンスをもらえるのだから、やらない手はないはず。 

(撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。