偉大なる鈍感力を持つ男・松山英樹

日本人選手よ、神経質になりすぎるな

久しぶりに野太いゴルフをする選手が現れた。東北福祉大学4年生で、今春プロ転向した松山英樹である。彼のすばらしいところは「偉大なる鈍感力」だと、ずっと僕は言い続けてきた。ともすると日本人選手は、神経質になりすぎる。たとえば、マスターズやほかのメジャートーナメントに出場すると、過剰反応をしすぎる。それは、大舞台というイメージだけではなく、コースの難しさ、グリーンの速さなど、速い、難しい、いいスコアが出そうもない、どうしようと大げさにとらえて過剰反応をしてしまうのだ。けれども、松山は、至っていつもどおりのゴルフができる。つまり過剰反応をしない鈍感力が、松山の取り柄ではないかと思うのだ。

「偉大なる鈍感力」を言い換えれば、とてつもない集中力を発揮する選手といえる。一昨年、マスターズでローアマを獲ったときのコメントは有名である。

「18番ホールのグリーン上に上がってきたとき、鳥肌が立ちましたよ。・・・あ、このパットを沈めないとやばいなって思いました。もう1回は、表彰式。拍手が多すぎてびっくりしました。緊張しました。プレーより全然緊張しましたね。(シルバーカップは)重量は軽かったけど、重みはありました(笑い)。自分で何人目かわからないけど、その一人になれたことがうれしいです。石川遼より先に表彰式に出れましたね。スコアは負けたけど(笑い)。グリーンジャケットを見ていて、いいなって思いました。着てみたいなって感じです。まあ、それまで日本のどっかで緑のニセモノジャケット着てようかな(笑い)」

次ページ帰国後に、彼がしたことは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT