偉大なる鈍感力を持つ男・松山英樹

日本人選手よ、神経質になりすぎるな

久しぶりに野太いゴルフをする選手が現れた。東北福祉大学4年生で、今春プロ転向した松山英樹である。彼のすばらしいところは「偉大なる鈍感力」だと、ずっと僕は言い続けてきた。ともすると日本人選手は、神経質になりすぎる。たとえば、マスターズやほかのメジャートーナメントに出場すると、過剰反応をしすぎる。それは、大舞台というイメージだけではなく、コースの難しさ、グリーンの速さなど、速い、難しい、いいスコアが出そうもない、どうしようと大げさにとらえて過剰反応をしてしまうのだ。けれども、松山は、至っていつもどおりのゴルフができる。つまり過剰反応をしない鈍感力が、松山の取り柄ではないかと思うのだ。

「偉大なる鈍感力」を言い換えれば、とてつもない集中力を発揮する選手といえる。一昨年、マスターズでローアマを獲ったときのコメントは有名である。

「18番ホールのグリーン上に上がってきたとき、鳥肌が立ちましたよ。・・・あ、このパットを沈めないとやばいなって思いました。もう1回は、表彰式。拍手が多すぎてびっくりしました。緊張しました。プレーより全然緊張しましたね。(シルバーカップは)重量は軽かったけど、重みはありました(笑い)。自分で何人目かわからないけど、その一人になれたことがうれしいです。石川遼より先に表彰式に出れましたね。スコアは負けたけど(笑い)。グリーンジャケットを見ていて、いいなって思いました。着てみたいなって感じです。まあ、それまで日本のどっかで緑のニセモノジャケット着てようかな(笑い)」

次ページ帰国後に、彼がしたことは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT