まだ間に合う! 日本株大作戦

大相場の始まりか、カネ余りのあだ花か?

「海外の投資家は日本株を持たないことに、国内の投資家は日本株を売ることにリスクを感じ始めた」(みずほ証券の稲泉雄朗・投資情報部長)。足元では信用取引がリーマンショック以前の水準に戻っており、個人投資家の動きも活発になっている。彼らが本腰を入れてくれば、相場の厚みがさらに増すことになるだろう。

株価が調整に入った現在、これまでの相場はバブルだったのではないかと懸念する見方もある。

だが、株式市場で使われている業績に基づく投資尺度で見るかぎり、まだバブルというには早いようだ。株価の割高・割安を判断する指標に、株価が企業の1株当たり純利益の何倍になっているかを見る株価収益率(PER)がある。日本株のPERは00年代平均で16倍だった。現在もそこに近い水準だ。

参院選前後まで調整もその後の上昇力は

とはいえ、ここまでの上昇は速すぎ、株価の調整はむしろ必然だった。アベノミクスに関する好材料には出尽くし感があるほか、来年4月の消費税率の引き上げが決まれば、一時的な景気後退を懸念する売りも出るだろう。多くの機関投資家が、7月の参議院選前後に調整を見込んできた。問題は、そこから先も上昇トレンドが続くと見るかどうかだ。

次ページカギになるのは、円相場
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT