まだ間に合う! 日本株大作戦

大相場の始まりか、カネ余りのあだ花か?

カギになるのは、円相場である。現在のところ、ほとんどの大企業が為替の見通しを1ドル=90円としており、為替の先行きには慎重な見方を取っている。「円安基調の定着が確認されれば、企業の業績予想は上方修正される。それを手掛かりにPERが20倍程度まで上がり、日経平均が年末にかけて2万1000円に届く可能性がある」(大和証券の高橋卓也シニアストラテジスト)。

来年には欧米の景気は好転するというのがコンセンサスということもあり、まだ相場の上昇トレンドは続くと見る向きが多い。ただ、それはどんな株でも上がるということを意味しない。

株価が年初から19倍まで上昇したガンホー・オンライン・エンターテイメントのような銘柄もあれば、PERが1ケタ台で低迷する企業も多い。これからの相場が二極化するのは避けられない。日本経済の構造変化に合わせて成長を遂げる企業と、そこから取り残される企業をいかに選別するか。ここから「異次元相場」に参戦する人にとって、それが最大のテーマになるだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT