中国「微信」の露骨すぎるインフルエンサー

ファッションブランドを宣伝する4人の正体

月間アクティブユーザー数が7億6200万人を超える、中国チャットアプリ「WeChat(微信)」(写真:ロイター/アフロ)

中国におけるインフルエンサーの信頼とは?

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

米国の広告主は、ソーシャルメディア・インフルエンサーにいくら支払うべきか、はっきりわかっていない。しかし中国では、もっとわかりにくい状況となっている。人気の高いメッセージングアプリ「WeChat(微信)」については、特にそういえる。

WeChatは、月間アクティブユーザー数が7億6200万人を超えているが、多くのマーケターにとっては、その閉鎖的なネットワークが難題だ。そこで、ブランドがオーディエンスと個人的なつながりを築くには、現地で「キーオピニオンリーダー」と呼ばれているインフルエンサーを通して、ファンが信頼するプラットフォーム上で交流を図ることが「近道」となる。

ハイエンドなオピニオンリーダーはたいてい、WeChatの「サブスクリプション」でアカウント認証をしている。このサブスクリプションで、彼らはブランドのためにスポンサードポストや動画を公開しているのだ。一方、個人アカウントを開設している、もっと影響力の小さいインフルエンサーは、「モーメンツ(朋友圏)」に投稿して、ブランドの認知度を高める。

WeChatでマーケティングを行うインフルエンサーの料金は、200ドル(約2万円)から、オピニオンリーダーがブランドについて複数回書き込みを行う場合の数万ドル(数百万円)まで、さまざまだ。また、一部の有名人たちの場合は、WeChatで「大使」を務める契約のなかに、公の場に姿を現すことやテレビコマーシャル、印刷広告への出演も含まれている場合があり、数百万ドル(数億円)の料金を請求することがある。そう語るのは、調査会社ボモダの共同創設者でもあるCEO、ブライアン・バックワルド氏だ。同氏は、以前にWeChatでメディア事業を構築した人物でもある。

以下では、WeChatの有力なオピニオンリーダー4人がブランド(大半はファッション関係)と、どのようなかたちで協力しているかを紹介する。

次ページ中国の控えめな文化のなかで…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT