次のターゲットは1ドル103円、105円中盤

ディーラー歴20年の達人が読む為替

為替が1ドル=100円をついに突破した。なぜ、3日雇用統計の夜ではなく、9日の晩だったのか?しかも、日本時間の10日午前3時という、時間だったのか、疑問が残る。

決め手に欠けた100円突破の材料

後付け的に、大台突破となった材料を整理してみよう。

1、 新規失業保険申請件数が32.3万件と、予想の33.5万件を下回った

2、 ファンド筋から大口の買いが入った

3、 米30年債の入札で間接入札比率(海外中央銀行を含む海外投資家分)が38.8%と前回の31.4%から上昇、海外投資家の需要が強かった

4、 最近の強い米国経済を受け、FRBで出口戦略の意見が増えるのではないか(とあるFEDウォッチャーがコメントしていたとの話がある)

5、 中国が外貨準備のドルの比率を増やすという噂

いずれも、パンチにかける。新規失業保険申請件数や30年債の入札で100円が突破されるのであれば、先週の雇用統計で仕掛けられていたはずだ。

次ページ何が決め手となったのか?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。