ネット選挙解禁でも、政治は劇的には変化せず

マスコミの「ネット選挙=政治激変」論調への違和感(上)

「選挙活動」と「政治活動」の違いとは?

「ネット選挙解禁」と言うと、これまで政治にはインターネットがまったく使えなかったという誤解を生んでしまいます。確かに、これまで「選挙運動」にインターネットは使えませんでしたが、「政治活動」にはこれまでもインターネットが使えたのであり、すでに多くの政治家がインターネットを活用しています。

それでは、選挙運動と政治活動の違いは何でしょうか?

選挙運動とは、「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として、投票を得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為」です。
簡単に言うと、「今回の参議院選挙では、よこくめ勝仁に1票をよろしくお願い致します!」と依頼することです。公示日(地方選挙では告示日)に立候補届が受理されたときから投票日の前日まですることができます。

一方、政治活動とは、「政治上の主義、主張、若しくは施策を推進し、支持し、若しくはこれに反対し、又は公職の候補者を推薦し、支持し、若しくは反対することを目的として行う直接間接の一切の行為」です。選挙期間以外でも、駅頭などで演説している人を見たことがあると思いますが、まさにそれが政治活動です。

そのほか、党員や後援会員を増やすために、戸別訪問することも政治活動です。要するに、選挙を特定せず、また、投票依頼をしない点が選挙運動と違うだけで、実質的には選挙運動と同じことが日常的に行われています。
それにもかかわらず、選挙運動での戸別訪問は買収や利益誘導等を防ぐために禁止されているのに、政治活動であれば戸別訪問も許容されるなど、政治のルールは本当に不思議です。

次ページでは、いままでと何が変わるのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT