TPP交渉7月参加へ、進む地ならし

一部農家は早くも「TPP後」をにらむ

日本がTPP(環太平洋経済連携協定)交渉に参加するために不可欠となる、日本と米国の事前協議が4月12日に決着した。

今後、米議会の承認に加え、TPPの交渉参加11カ国のうち、まだ同意が得られていないカナダやオーストラリアなど4カ国の同意がそろえば、日本は7月にもTPP交渉に参加できる見通しだ。

日米協議で決まったのは、TPP交渉と並行して日米間で保険や政府調達、知的財産などの非関税分野の協議を進める点。さらに、米国の関心が高かった自動車分野について、最終的に米国の関税は撤廃されるが、その時期は最大限に後ろ倒しされ、長ければ10年以上も先になる可能性がある。

次ページ大幅譲歩で評価は二分
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT