TPP交渉7月参加へ、進む地ならし

一部農家は早くも「TPP後」をにらむ

日本がTPP(環太平洋経済連携協定)交渉に参加するために不可欠となる、日本と米国の事前協議が4月12日に決着した。

今後、米議会の承認に加え、TPPの交渉参加11カ国のうち、まだ同意が得られていないカナダやオーストラリアなど4カ国の同意がそろえば、日本は7月にもTPP交渉に参加できる見通しだ。

日米協議で決まったのは、TPP交渉と並行して日米間で保険や政府調達、知的財産などの非関税分野の協議を進める点。さらに、米国の関心が高かった自動車分野について、最終的に米国の関税は撤廃されるが、その時期は最大限に後ろ倒しされ、長ければ10年以上も先になる可能性がある。

次ページ大幅譲歩で評価は二分
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT