ネット選挙解禁でも、政治は劇的には変化せず

マスコミの「ネット選挙=政治激変」論調への違和感(上)

話をインターネットに戻しますが、これまでも政治活動においてはインターネットを自由に使用できました。ホームページやブログなどに自らの政策を自由に書くことができますし、ツイッターやフェイスブックなどで有権者と政策の議論をすることもできます。演説の様子を動画で配信することもできます。

結局、選挙中の活動場所の告知が可能になるだけ!?

唯一できなかったのは、選挙期間中にホームページなどを更新することであり、これまでは公示日(告示日)の前日の23時59分59秒までに「選挙期間中は公職選挙法の規定により更新できません。」という旨を記し、更新をストップするのが慣例でした。しかし、選挙期間中に更新ができないというだけで、それまでに書いたものは選挙期間中にも公開したままにできるため、有権者は候補者の政策等をインターネットで調べることは可能だったのです。

それでは、選挙期間中にホームページなどを更新できるようになると、何が変わるのでしょうか? 選挙期間の途中で政策を変えるような候補者など普通はいません。

選挙期間中に有権者と政策の議論をすることは理想的ではありますが、目の前の有権者への対応で精いっぱいである選挙期間中に、インターネット上の有権者と議論をする時間的余裕がある候補者がいるとは到底考えられません。インターネット上で議論をするのであれば、何も選挙期間中に行う必要はなく、選挙期間前に行えばよいのです。

次ページ選挙中の新情報は「頑張っているアピール」くらいなもの
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT