今後の日経平均株価上昇のカギは?

トヨタの今期計画は保守的だが、ほぼ想定内

切り上がるドルの下値

今期のトヨタの営業利益1兆8000億円という数字については、8日の後場にすでに一部報道で流れていたこともあり、市場におおかた織り込まれたと考えられる。同社の8日終値は前日比1.39%上昇の5840円と落ち着いた動きで、9日以降の日本株に大きな影響を与えることはなさそうだ。

となると、やはり、今後気になるのは為替の動きだ。日本株は上昇しているが、円安の流れは一服している。ドル円相場は4月以降、1カ月間に渡って何度も100円突破を試しているが、はね返されている。

もっとも、はね返された後の、ドルの下値は切り上がっており、100円突破に向けて、エネルギーをためている典型的な三角保ち合いを形成している状況だ。ひとたび100円を抜ければ、一気に円安が加速する可能性が高く、日本株の上昇を後押ししてくれるだろう。

逆に、大型連休中のドル円の安値97円台を明確に下回れば、三角保ち合いは崩れることになり、100円突破の時期は当面遠のく。同時に、日本株もいったんは勢いをそがれることになるだろう。

「株式ウイークリー」編集長 藤尾明彦)

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT