今後の日経平均株価上昇のカギは?

トヨタの今期計画は保守的だが、ほぼ想定内

日経平均は連日の高値更新。一段の上昇か、下落か、投資家は迷う局面だ

8日の日経平均株価は2営業日続伸して引けた。一時上げ幅は200円以上になったが、7日が486円の大幅高だったこともあって、後場にかけてやや上げ幅を縮小。結局105円45銭高の1万4285円69銭で引けた。

トヨタ自動車の今期計画は保守的

相場にちょっとでも興味がある読者ならすぐにおわかりの通り、8日の最大の注目点は、引けと同時の15時に発表されたトヨタ自動車の今2014年3月期の業績見通しだった。同社の今3月期の営業利益予想は1兆8000億円(前年同期比36.3%増)で、事前のアナリストコンセンサスである2兆円を下回った。

もっとも、この予想に関しては保守的であるとの見方が早くも出ている。まず、想定為替レートは1ドル=90円、1ユーロ=120円と、現行水準よりも、ほぼ10円前後、円高としている。同社の場合、ドルに対して1円円安になれば営業利益ベースで350億円の利益押し上げ要因になる。また、ユーロに対しては同50億円である。

単純に8日の為替レート(1ドル約99円、1ユーロ約129円)を当てはめれば、為替だけで約3600億円の増益要因となり、事前のコンセンサスを上回る。また同社は、協力関係にある部品企業に値下げを要求してきた経緯もあり、「期初の段階から大きく儲かるという予想を対外的に出しにくい」(市場関係者)という声も聞かれる。

次ページトヨタの計画は想定内、では中期的な焦点は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。