決算発表の本番突入、注目970社の狙い目

5月10日には400社近くが発表

国内最大企業のトヨタは5月8日に決算を発表する

決算発表もいよいよ本番へ突入。新年度の2014年3月期については保守的な見通しの連発かと思われたが、意外に強気の企業も多く、円安好感もあり、株価は高値を維持している。

東洋経済オンラインでは4月19日付で「決算発表ラッシュ、“狙い目”の企業は」というタイトルで4月22日~5月2日に決算発表する企業の注目点をリポートした。それに続き、5月7日~20日にかけて決算を発表する企業の注目点を紹介する。

GW明け直後に不動産と商社大手が発表

ゴールデンウイーク明けの5月7日には、三菱地所と三井物産が決算発表を予定する。

三菱地所は昨年も5月7日に発表。期初に8.4%の営業減益見通しを出したが、赤坂パークビルの売却益がなくなったため、現実的な水準。結局、そのままの数字を維持して決算を迎えそうだ。新年度は分譲の持ち直し、新規SCの寄与が期待されており、反発が予想されるところだ。

三井物産も昨年と同じ5月7日の発表。こちらも減益見通しを出していた。ただし、会社側が期初に開示したのは純利益のみで、7.9%の減益見通しだった。主要因は鉄鉱石をはじめとした資源価格の調整。期初計画からさらに下振れしての着地となりそうだ。

次ページトヨタは純益大台乗せか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT