日経平均の上値メドは1万4601円

8日はトヨタ自動車の決算に注目

依然市場は強気のようだが、どこまで続くのか(撮影:尾形 文繁)

大型連休明けの日本株は急騰でスタートした。7日の日経平均株価は、後場に上げ幅を拡大し、前週末比486円20銭高の1万4180円24銭で引けた。3日の米国雇用統計の好結果を受けて、日本の連休中にNYダウが史上最高値を更新した流れを引き継いだ。

投資資金が循環しながら、相場全体が底上げ

7日の相場では、東証33業種すべてが上昇したが、「上昇率ベスト3」だったゴム、機械、輸送用機器をはじめ、為替感応度の高い輸出関連株の上昇が目立った。トヨタ自動車は前週末比終値ベースで4.9%上昇し、5760円と年初来高値を更新。一方でみずほフィナンシャルグループは、終値で218円と前週末比3円高にとどまるなど、銀行、証券、不動産など4月4日の異次元金融緩和発表後に大きく上昇してきた業種は上昇率が限られた。投資資金が循環しながら、全体を底上げする状況になっている。

次ページ激しい値動きの銘柄には、あまり近づかない方が無難
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。