日経平均の上値メドは1万4601円

8日はトヨタ自動車の決算に注目

依然市場は強気のようだが、どこまで続くのか(撮影:尾形 文繁)

大型連休明けの日本株は急騰でスタートした。7日の日経平均株価は、後場に上げ幅を拡大し、前週末比486円20銭高の1万4180円24銭で引けた。3日の米国雇用統計の好結果を受けて、日本の連休中にNYダウが史上最高値を更新した流れを引き継いだ。

投資資金が循環しながら、相場全体が底上げ

7日の相場では、東証33業種すべてが上昇したが、「上昇率ベスト3」だったゴム、機械、輸送用機器をはじめ、為替感応度の高い輸出関連株の上昇が目立った。トヨタ自動車は前週末比終値ベースで4.9%上昇し、5760円と年初来高値を更新。一方でみずほフィナンシャルグループは、終値で218円と前週末比3円高にとどまるなど、銀行、証券、不動産など4月4日の異次元金融緩和発表後に大きく上昇してきた業種は上昇率が限られた。投資資金が循環しながら、全体を底上げする状況になっている。

次ページ激しい値動きの銘柄には、あまり近づかない方が無難
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT